弱みを強みに変換できないのは、エピソードが足りないから

自分の強みを伸ばしましょう

自分の強みを活かしましょう

 

と言われるようになり、自分の強みってなんだっけ?と考える機会が増えましたよね。

ストレングスファインダーなどの診断テストを受ける人も多いんじゃないかな?

 

診断結果をすんなり受け取れたり、自分の強みはこれ!と思えたりするなら、全然問題はありません。

だけど、セッション時や同僚との会話で感じるのは、

 

自分の弱いところ、ダメなところはたくさん思い浮かぶけれど、強みと言われても思い浮かばない。周りから「○○が強みだよね」と言われても、今ひとつピンとこない

 

という人が意外と多いことです。

言葉だけでは信じられない

こんな時によく言われるのが、弱みは言葉を変えたら強みになるということ。

例えば「飽きっぽい⇒好奇心旺盛」とかね。

 

だけど、弱みを言い換えて強みしたところで、「そうか、これが自分の強みなんだ!」と思える人って、実はそんなに多くないんですよね。口では「そうですね!」っていうけれど、表情を見ると微妙(笑)

 

心から納得しているわけじゃないんだなーというのが、よくわかります。

心から納得していないんだから、当然それを強みとして活かすこともできないですよね。せいぜい、面接などの場で当たり障りなく話せる程度。

とは言え、もしも厳しく突っ込まれたら、おそらくしどろもどろになっちゃうはず。

 

弱みを強みに変換する時には、単に表面上の言葉だけでは足りないんですよ。

何が足りないって???

具体的なエピソード。事例が足りないんです!

自分で体験した事、経験した事は何より強い

例えば私は、ものすごーく飽きっぽいです。

 

形から入るタイプなので、ハマった時には道具から本から、上達することを見越して一通り揃えます。

そして一時期は、それこそ寝食を忘れる勢いで、どっぷりとハマります。

が、あっという間に飽きて見向きもしなくなるんです(笑)それはそは見事なほどに。

 

これを長所にすると好奇心旺盛ってことになるのですが、好奇心旺盛のエピソードを見つけるのです。

うーん、そうだなぁ。

 

元々占いやスピリチュアルが好きなこともあり、一時期オラクルカードにハマったんですよね。

タロットよりもハードルが低かったし、当時はアメブロでオラクルカードのセッションをしている人も多くて、私もやりたいなーと思ってたんです。

 

やりたいと思ったら、すぐに始めないと気が済まない私。

知り合ったばかりの方が、たまたまオラクルカードの講座を開催していたので、その場で申し込み。

 

私に向いていたのか、やってみたら1回目からすんなりできて、講座が終わる頃には夢中に。

講座からの帰りに、オラクルーカードを扱っている本屋に即立ち寄り、いくつもカードを買いました。

 

それからはオラクルカードを極めたい一心で、毎日毎日カードを引き、アメブロで「本日のメッセージ」という記事を毎朝更新。

それと同時に、そうだ!現実視点でやる私のセッションと、スピリチュアルを組み合わせたら面白いんじゃないか?と思いつき「スピリチュアル×現実視点セッション」を提供。

 

無料モニターは、募集初日で満員御礼となりました。

私も含め、占いやスピリチュアル好きの女性は多いですよね。しかも、ただオラクルカードを引くだけじゃなくて、その後のセッションは、甘さは皆無でコンサル要素満載のひたすら現実的な内容。

 

そのギャップが受けたんだと思います。

何から話したらいいの?どうやって話したらいいの?と会話のとっかかりが見えなくても、カードを媒介とすることで、気づいたら深い話をしてくださったり。

 

無料モニターを受けてくださった方の8割が、継続セッションを受けてくださいました。

もしも私が何にでも興味を持って、「面白そう!やってみよう」と思うタイプなければ、「スピリチュアル×現実視点セッション」は生まれなかったし、クライアントさんたちとも出会えていません。

 

私の中のオラクルカードブームは、すでに過ぎ去りましたが、今でも「引いて欲しい」と言われることがあるので、その時は喜んで引いています。

オラクルカードが職場での会話のきっかけになったこともあります。

 

こんな感じでしょうか。

 

大事なのは「自分が実際に体験したこと、経験したこと」です。

そして「できるだけ具体的に」考えることです。

 

私の例でいうと、単に「好奇心旺盛なので、様々なことに興味を持てます。その事で、初対面の方とも共通の話題で盛り上がれることも多いです」じゃダメです。

 

自分が実際に経験したこと、体験したことをできるだけ具体的なエピソードとして認識することで、自分の強みとして捉えることができるんですよね。

他者にフィードバックする時も「エピソード付き」で!

自分で強みを見つけるだけでなく、例えば自分の部下やチームのメンバーにフィードバックすることもありますよね。

フィードバックする時も、単に「○○があなたのいいところだよね」だけじゃ足りません。

 

多くの場合、「でも・・・」とか「私なんて・・・」が続きます(笑)

謙遜しているということもありますが、信じられないんですよ。やっぱり。

自分ではそれを強みだとは思っていないですから。社交辞令とか気を遣っているとか思われます。

 

だから他者を褒める時も、必ず「具体的なエピソード」を加えることが大切なんです。

具体的であればあるほどいいですよね。

そして「そういうところが、とても素敵だと思うし、今度のプロジェクトの××の部分でもぜひ活かして欲しい」と付け加えると、きっとやる気もアップすると思います。

まとめ

『弱みは翻って強みになる』というのは、本当です。

というか、弱みとは強みであり、強みとは弱みです。だけど表面的に言われても、自分で納得できなければ、ピンと来ませんよね。

だからこそ、ぜひ具体的なエピソードを思い出してくださいね。

 

ちなみに「スピリチュアル×現実視点セッション」は現在は提供していませんが、セッション時に「オラクルカードを入れて欲しい」と言っていただければ対応しますので、お気軽にお知らせください。

 

\30分の無料カウンセリング実施中/

\まずは自分の軸を作りたいと思うなら!/