「共感してくれる人」「寄り添ってくれる人」だけでは、成長できない

「うん、うん、そうだよね。わかる、わかる」「あー、そうそう。私も同じように感じる!」

 

自分の気持ちに寄り添ってくれる人や、自分の考え方に共感してくれる人が身近にいるのは嬉しいものです。

特に女性リーダーになると、孤独を感じやすくもなるから、余計に自分の気持ちをわかってくれる人がいると力が湧いてきますよね。

 

人材育成でも、メンバーの気持ちに寄り添うことが大事と言われます。

 

ここまで大げさでなくても、友だちや同僚の話を聞いたり、聞いてもらったりして

 

「分かる、分かる!ああいうのってムカつくよね!」

「えー、それはすごく大変だよね。大丈夫?」

 

なんて会話をして、スッキリした〜という経験は、あなたも持っているはず。

 

私もワーカーホリック時代を乗り切れたのは、共感してくれたり、寄り添ってくれたりした仲間がいてくれたからだなーと感謝しています。

 

でもあなたの周りにいるのが、「共感してくれる人」「寄り添ってくれる人」だけだとしたら、それは要注意!

最近は一部で、「自分に都合の悪いことを言う人とは付き合わなくていい」みたいな風潮がありますが、すごくもったいないです。

 

成長する、変革するって、今までの当たり前を壊すことです。

 

「なるほど、こういう考え方もあるのか」

「そうか!こうやって捉えると違う見方ができるのか」

 

自分に共感してくれる人や寄り添ってくれる人しかいないと、今までの当たり前を壊すことはできません。

 

「どうしてそう思うの?」

「他の見方もできるんじゃない?」

「いや、それはちょっと違うと思う」

 

自分の「当たり前」を壊すには、違う視点で考えられるような問いかけをしてくれる人の存在が必要不可欠。

 

もし、あなたが、もっと成長したいな、このままだと前に進めないなと思っているなら、意識して自分の「当たり前」を壊してくれる人を見つけてください。

特に「リーダーの在り方」が問われるこれからの時代、当たり前を壊してくれる人を見つけるだけで、他の人と差をつけることができますよ。

 

あなたの当たり前を壊してくれる人は誰ですか?

 

PS.

週に1回、女性リーダーが自分のリーダーシップを育てるためのヒントを配信中。

ご登録の方には、メール講座をプレゼントしています。まずはメルマガであなたの「当たり前」を壊してみませんか。いますぐ↓↓をクリックしてご登録ください!