「今日、どんな1日だった?」と聞かれてどう答えますか?

「最近、どう?」私はこの質問がとっても苦手。

たいていの場合、「いや、普通」としか答えようがないし、何を聞きたいのかが分からないから。

もっと具体的に知りたいことを聞いて欲しい!と思うのです。

 

思うのですが、あえてこう聞いてみます

 

「今日、どんな1日だった?」

 

頭にどんなことが思い浮かぶでしょうか?

 

今日はオンライン会議が多かったな

あー、朝の電車が混んでいたな

そういえば、お昼は久しぶりにカフェでパスタを食べたな

 

頭に思い浮かんだ内容、例にあげたように「事がら」「できごと」だけではなかったですか?

 

仕事をしていると「事実を大切にしなさい」「結論を話しなさい」「あなたの気持ちなんて聞いてない」と言われることが多いですよね。

特に女性リーダーは、プレイヤーとして優秀な人も多いから、自分の感情や思いを無意識のうちに感じないようにしているかもしれません。

 

これまでは、その方がずっと仕事がしやすかったから、なおさらですよね。

 

だけど残念ながら、感情や思いに無意識とはいえ蓋をしてしまったから、

 

「あれ、なんだかうまくいかないな」

「どうしてメンバーに私の思いが伝わらないんだろう」

「メンバーが何を考えているのか分からない。聞いても『大丈夫です』としか言ってくれないし」

 

ということが起こるのです。

 

以前「自分の感情も好きなものもわからないまま、「自分らしく」は働けない」という記事の中で、

何も感じないということは、自分がどうしたいのか、どうありたいのかも分からなくなってしまうということ。と書きました。

自分の感情も好きなものもわからないまま、「自分らしく」は働けない

人は理屈で動くわけじゃありません。感情で動くのです。

 

もしかしたら、「私は理屈がしっかりしていないと気持ち悪い。だから感情で動いているわけじゃない」と思うかもしれません。

 

でも理屈がしっかりしていないと「気持ち悪い」と感じているんですよね。

ということは、最後に判断してるのは理屈じゃなくて感情です。

 

私はリーダーに一番大事なのはSelf-Awareness(自己認識力)だと伝えていますが、「自分を知る」ということは、自分の「感情」を知ることにも通じます。

 

自分の感情を知らず、Self-Awarenessを高めることはできません。

 

そして自分を知らないのに、他人であるメンバーを知ることはできません。

 

自分の感情に目を向けましょう。

自分の感情に敏感になりましょう。

 

「今日はどんな1日だった?」

 

■関連記事

「できごと」ばかりにフォーカスすると、自分のことは分からない

 

PS.

女性リーダーがSelf-Awarenessを高め、自分だけのリーダーシップを育てるためのヒントを週に1回お届けしています。これからのリーダーに必要不可欠なSelf-Awarenessを高めたい方は、ぜひご登録ください。

メルマガ購読特典「モヤモヤをスッキリ解消する5Step」プレゼント中