早期退職が多い企業に欠けている視点とは?

人を採用するのには、お金も労力もかかります。

しかも採用したら終わりではなく、採用した人が活躍するまでの教育もしなければなりません。

新卒/中途にかかわらず、採用した人に長く勤めて欲しいと思うのは、企業の立場としては当然ですね。

最低3年はひとつの会社で働くべき…の価値観はすでに終わり

かけた費用を回収して企業にとってプラスになるのは、3年目以降になると言われています。

だから企業の担当者としては、3年以上は続けて欲しいと考えるはずです。

私自身、人事責任者として採用も行っていた時は、3年は続けてねと思っていました。

 

でも、価値観が多様化し、転職や復業、起業のハードルがグッと下がった今の時代、以前のような「会社に入ったら、最低でも3年は頑張りなさい」という価値観は通用しなくなっていますし、私が相談を受ける時にも、「3年は辞めたらダメだよ」とは言いません。

 

もしも「3年も続けずに辞める方がおかしい」「すぐに辞めてしまうなら、お金も労力もかけたくない。最初から計算できる人だけが欲しい」と思っているのだとしたら、それは違うのでは?と思います。

長期で就業してもらうには?の視点が大切

誰もが知っている有名企業、人気企業であれば、辞めても次の人がすぐに採用できるかもしれません。

でも、そうではない企業が「3年も続けずに辞めるなんて…」「最初から計算できる人だけ…」と思っていたら、ますます人材確保は難しくなりますし、人も定着しなくなります。

 

    • 貴社にとっても求職者にとっても、Happyになれるような採用ができていますか?
    • 貴社のミッション、ビジョン、バリューは社員に浸透していますか?
    • 社員は「やりがい」を持って仕事に取り組めていますか?
    • 社員が成長を実感できるような取り組みをしていますか?
    • 「一緒に働けて嬉しい」の気持ちをきちんと伝えていますか?

 

もちろん、全員が長期で就業してくれるわけではありませんが、長期で就業してもらえるにはどうするか?という視点は忘れてはいけません。

早期退職は既存の社員にも悪影響を与える

早期退職は企業にも早期離職する側のどちらにもダメージがあります。

そして既存の社員にとっても、大きなマイナス要因です。

今時、人材に余裕があるという企業の方が少ないはず。どこもギリギリあるいは、足りない!という状況ではないでしょうか。

 

やっと入社した新しいメンバー。できるだけ早く戦力になって欲しい、会社に慣れて欲しいと、仕事が忙しい中、一生懸命対応していたのに、あっという間に辞めてしまう。

これが何度も続けば士気が下がり、既存メンバーの退職…ということになりかねません。(実際に経験したことがあります)

早期退職が状態化しているなら、自分たちを省みること

だから早期退職者が出ていることを「今どきの若者は…」とか「運が悪かった」とか、相手のせいだけにしていてはいけません。

どんなに企業側が工夫しても、3年未満で退職する早期退職者は出てしまうものだと思います。

 

しかし、早期退職者が多いのであれば、真摯に自分たちの取り組みを省みる必要があるはずです。

ぜひ一度、考えてみてください。

 

 

無料相談を受けております。

一度課題を整理したいという経営者さま、ご担当者さま、お気軽にお問い合わせください。