ドリームキラー

 

それは、起業女子界隈やスピリチュアル界隈で、よく使われる言葉。

「あなたの夢を殺す人」のことですね。

 

何で会社辞めるの?もったいないじゃない

そんな高いお金を払うなんて、おかしいんじゃない?

こっちの道の方が正しい。そっちを選ぶなんて間違っている

 

何かを始めたい、何かをやりたい、そう思った時に「できない理由」をあれこれ伝えて、やる気をなくさせる人たちのことだと言われています。

 

信者抱え込み用語にもなっちゃってるんだけど。

 

確かに「ドリームキラー」って存在します。

それも、あなた自身の一番近くに!誰のことか分かりますか?

 

親?配偶者?恋人?友だち?

どれも違います。

 

あなたの一番近くにいる、一番のドリームキラー

 

それは、あなた自身ですよ。

 

デモデモダッテのその先にあるのは何?

 

自分自身が自分のドリームキラー。

 

この言葉を聞いて、「あー、そうだよな」と思った人なら、大丈夫。

自覚していることは、変えられることでもあるから。

 

でも、「そんなわけない!」と思った人は要注意。

もちろん、決めたことはさっさと実行できる人もいるけれど、そうではない人の方が多いからね。

 

自分自身がドリームキラーになっている人の口ぐせは「でも」「だって」「どうせ」です。

 

これをやってみたいな→でも、私には無理。

こういうことができたらいいな→どうせ、私には縁がない。

あんな風になりたいな→だって、あの人は恵まれてるし。

 

心当たりありませんか?

この言葉を言われたら、やりたいと思った気持ちも、頑張ろうと決めたことも、シュンと萎んでしまうよね。

 

デモデモダッテを言いたい気持ちは分かります。

私自身、メンターでもあるカウンセラーに「デモデモダッテ」を言い続け、

 

ちーちゃん、また「でも」って言ってる!

 

と笑われたことは数知れず(笑)

だから、デモデモダッテは絶対に言ったらダメ!とは言いません。というか、言えない。私自身にブーメランが返ってくる!!!

 

大事なのはデモデモダッテの先に、何かがあるのか、ないのか。

 

私のクライアントも、まあ、結構な確率で「デモデモダッテ」ですが、それを変えたい、そこから一歩先に進みたいと思っているんです。

 

ここがとっても大事!

変えたい、一歩先に進みたいと本気で思っているなら、最初は「デモデモダッテ」を連発していても、必ず一歩目を踏み出すことができます。

 

本気で進みたいと思っていて、進めなかった人を私は知りません。

少なくとも、私のクライアントや私の周りに、そういう人はいません。

 

だけど、残念ながら、ただ「デモデモダッテ」を言い続けて、自分を否定して、周りを羨んでばかりいる人は何も変わらない。

 

ずっと、自分のドリームキラーで居続けるんです。

 

何万回、その悪魔の言葉を自分に言い聞かせる?

 

例えば、自分の周りにいる人がドリームキラーだったとします。

(本当はね、それすら乗り越えられないなら、そもそも本当にやりたいの?とは思うのですが・・)

 

自分以外の誰かが、ドリームキラーなら、その人から「逃げる」ことはできるよね。

それに、その人と会っていないとき、話していない時は、悪魔の言葉を聞くことはないよね。

 

でも、ドリームキラーが自分自身なら、そうはいきません。

自分から逃げることはできないでしょ?

 

そして、自己否定の言葉をずーーっと繰り返し、自分に言い聞かせている。

それは、もう何千回、何万回と。

何千回、何万回と繰り返された言葉は、潜在意識の中に刻まれていくんだよ。

 

人間の意識の95%〜97%は潜在意識と言われています。

そして、潜在意識の中で信じていることが、現実として表れると言うよね。だから、悪魔の言葉を自分自身に囁き続けたら、そういう自分ができあがるってこと。

 

何か新しいことを始めたいと思っても、「でも、無理だ」と諦めてしまう。

誰かが成功したことを聞いて、「それに比べて、どうせ私は」と卑下してしまう。

 

これほどのドリームキラーっていないでしょ?

 

ドリームキラーに打ち勝つには、小さな成功体験を積み重ねること

 

何だか当たり前すぎる解決方法だけれど。

 

それでも、これが一番の解決方法だと私は思っています。

それは「小さな成功体験を積み重ねる」こと。

 

大きな夢を持つのは大事だし、大きな夢があるって、すごく素敵なことだと思います。

でも、今の自分から見て大きすぎる夢は、「やっぱり無理」って思ってしまうんですよね。

 

成功するかしないか分からない。

もし、うまくいかなかったら、今より酷いことになるかもしれない。

だったら、不満があっても、このままでいた方が安心だし、安全だよね。

 

だから、一歩を踏み出せないし、不平不満を言いながらも現状維持を好むのです。

 

だったら、「これなら出来る!」と思うところまで、小さく小さく分解して、そこから始めたらOK。

もし、何かのアクシデントがあって失敗したとしても、すぐにリカバーできるもの、もしくは大きなダメージにならないもの。

 

そうであれば、一歩を踏み出すことも怖くないよね。

 

ドリームキラーと名前をつけて、周りの人を悪者扱いするのはやめましょう。

本当のドリームキラーはあなた自身。

そして、ドリームキラーを退治できるのも、あなた自身ですよ。

 

ドリームキラー退治を手伝って欲しい時は、ご相談くださいね。

初回限定60分体験セッション