女性リーダーの皆さま「寄り添う=甘やかす」と勘違いしていませんか?

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

コミュニケーションにおいて、「相手に寄り添う」ことはとても大切なこと。

だけど相手に寄り添うことと、相手を甘やかすことは全く違います。でも寄り添うことを甘やかすこと、甘やかされることだと思っている人、残念ながら多いなぁと感じます。

「寄り添うこと=甘やかすこと」なのだとしたら、相手に寄り添わない方がずっと相手のためになるんじゃないかなと思うのです。

寄り添うという言葉に「甘やかす」というニュアンスはない

寄り添うを辞書で調べると、こんな意味のようです

ももたれかかるように、そばへ寄る。

-Weblio(デジタル大辞泉)より-

わかるような、わからないような…

物理的な「寄り添う」なら、Weblioの説明でもわかりますが、心情的な「寄り添う」だと、もたれかかると言う表現がちょっと違和感。

ただ心情的にも「そばに寄る」だけなら、イメージできそうです。

 

「寄り添う=そばに寄る」であって、ここには甘やかすというニュアンスは含まれていません。

ではどうして、「寄り添う=甘やかすこと」と思う人がいるのか?

 

それは「共感」という言葉が持つイメージにあるのでは?と思うのです。

寄り添うとは自分のことと同じように相手のことを考えて、心を砕くこと

寄り添うことと共感することって、近しいイメージですよね。

共感は「相手の意見や気持ちに対して、その通りだ」と感じること。だから何となく相手の意見を受け入れなくちゃいけない、相手に賛同しなくちゃいけないと感じるのかもしれません。

 

でも共感すること、寄り添うことって、本当にただただ相手に賛同して、相手にとって都合の良い言葉を並べることなのかな?

私は違うと考えています。

 

本当に相手に寄り添う、相手の傍に寄ると言うのは、自分のことと同じように相手のことを考えて、心を砕くということなんじゃないのかなと思うのです。

自分に寄り添う事が必要だからと、自分を甘やかし続けますか?

例えば自分を甘やかしてばかりだとどうなりますか?

 

「これが好きだから」「食べたいから」と際限なく何かを食べれば、確実に太っていくし、太り続ければ健康を害してしまうこともありますよね。

「これが欲しいから」と無制限にお金を使い続ければ、貯金が減り借金が増えてしまうかもしれません。

「めんどうだから」「やりたくないから」と怠けてばかりいたら、成長しないどころかどんどん後退していくことも。

 

それでも「それでもいいよ。だって私に寄り添っているんだから」と思いますか?

きっと多くの人は、「いやいや、それはマズイでしょ。いい加減にしなくちゃ」と自分にダメ出ししますよね。

 

なぜ自分が大切に思う相手にも、同じようにしないのでしょうか?

自分と同じように自分のクライアントや、自分のチームのメンバーが大切だと思うなら、ただ甘やかす事が、相手のためにならないことが分かるはずです。

都合の良いことばかり言うことほど簡単で楽なことはない

厳しいことをいうのって嫌ですよね。

嫌われるかもしれないし、怖がられるかもしれないし。

誰しも嫌われるよりは好かれたいし、怖がられるよりも親しみを持たれたい。それは女性リーダーだって同じはず。

 

だから都合の良い言葉を並べるだけの方が楽だし、気分も良いのです。

「人に嫌われることが怖い」と思っている私は、本当は相手に厳しいことを言うのは、めちゃくちゃ苦手です。

クライアントさんとセッションしていても、お茶を濁したいなぁと思うこと、よくあります。

 

だけどそれでは、クライアントのためにならないのだということも分かっています。

だから敢えて厳しいことを言うこともあるのです。

相手を甘やかすだけの人は、相手の可能性を信じていない人

「相手に寄り添う=相手を甘やかす」って、相手の可能性を信じていないのでは?と思います。

 

相手ができると信じていたら、きっと甘やかすばかりじゃないですよね?

スポーツの監督やコーチ、習い事の先生と同じです。

選手や生徒の可能性を信じているから、もっとできると思っているから、ダメなことはダメというし、「自分で考えなさい」と突き放したりもする。

 

もし可能性を信じていなければ、何も言わないと思いますよ。

無理だと思っている相手に厳しいことを言って嫌われたり、拗ねられたりするのって面倒くさいですし。

 

相手の可能性を信じて、相手の成長のために自分ができることは全部やる。

それが私の考えている「寄り添う」ことだし、私は自分のクライアントにはそう接していこうと思っています。

まとめ

リーダーになるとメンバーに寄り添うことは、とても大事なことです。

でももし、「寄り添う=甘やかす」になっているとしたら、もう1回考え直して欲しいなと思うのです。

 

メンバーの可能性を信じ、メンバーに成長して欲しいと思うなら、女性リーダーである自分自身が、どうメンバーに関わっていくのか。

とっても大切なことだと私は思います。

 

PS.

女性リーダーの皆さまに向けて、週に1回リーダーシップやコミュニケーション、女性リーダとして一番大切なSelf-Awareness(自己認識力)向上のためのヒントをお届けしています。

ただいまメルマガにご登録いただいた方に、ご登録特典として「あなたのチームのメンバーはどのタイプ?」をPDFでプレゼント。

ぜひメルマガにご登録いただき、PDFを受け取ってくださいね。

\今すぐ登録してPDFを受け取る/