コミュニケーションとは選択肢を増やすための手段である

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

コミュニケーションに関する講座をやったり、ブログやメルマガでコミュニケーションについて発信したり、最近、やたらと「コミュニケーション」って言っているような気がします。

Google Trendsで調べてみたら、「コミュニケーション」は年間を通して、比較的人気の高いキーワードのようです。

やっぱりコミュニケーションの悩みって、大なり小なり持っている人が多いんだなと感じています。

 

コミュニケーションを辞書で調べると

「気持ち、意見などを言葉などを通じて相手に伝えること」

と出てきました。

 

そうだよね、人は一人では生きていけないし、もしも仮に「あなたは明日から、一人でも生きていけますよ」と言われたとしても、人と全く関わらない人生はとても味気ないものだと思う。

私はどちらかというと、大勢でワイワイするよりも気の置けない少人数の友達としっぽりとする方が好きだし、なんなら一人の時間も大切。

 

そんな私でも、誰ともコミュニケーション取らずにずっと一人は、孤独に耐えられそうもないわ。

それに「働く」ことを考えても、一人でできることって限界があると思っていて。

 

自分だけで考えられることなんて、高が知れているし

自分だけで成し遂げられることも、思っている以上に少ない

 

誰かとコミュニケーションを取ることで、助けてくれる人が増えるし、一人で頑張らなくたっていい。

結果できることも増えるし、できることが増えたら仕事はもっと楽しくなる。

 

仲間が増える

できることが増える

考える視点が増える

 

これって選択肢も増えるということ。

選択肢が増えれば、自分に合うもの、自分が楽しいと感じるものも選びやすくなりますよね。

 

私にとってコミュニケーションとは、単なる「気持ち、意見などを言葉などを通じて相手に伝えること」ではなくて、自分の選択肢を増やすもの。

 

だからコミュニケーションは大切だし、蔑ろにしちゃいけないなと思うのです。

自分の選択肢を増やすためにも、周りとのコミュニケーションを今よりも、よくしていきませんか?

 

3/20&3/21に『「なんで伝わらないの?」を「こうすれば伝わるのか!」に変えるコミュニケーション講座』を開催します。

 

伝わらないのには理由がある!

それは「上手に話せないから」ではありません。上手に話そうとする前に、どうして伝わらないのか?を知ることが大事。

この講座では、名画を題材にしながら「どうして伝わらないの?」「どうやったら伝わるの?」を楽しく学ぶ講座です。

 

同じ名画を見ているのだから、出てくる答えは同じ?

いえいえ、そんなことはないのです。同じ名画をみて会話しているはずなのに、なぜか人によって出てくるものが違う…ということをワークを通じて体験していただきます。

 

絵に詳しくないからなんて心配は全く必要ありません!

いわゆるお勉強的な名画の知識は一切使わないし、何なら私も知りません(笑)

大事なのは、参加者どうしの対話です。

 

コミュニケーションをよりよくして、選択肢を増やしたい方、「何でわかってくれないの?」を「そうか!こうすればいいのか」に変えたい方、ぜひお待ちしております。