一番大切な人とのコミュニケーション、ちゃんと取れている?

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

コミュニケーションが大事という話は、私もよく書いているし、Googleでちょっと検索するとたくさん出てきますよね。

企業でも1on1に取り組んだり、雑談の時間を意図して確保したり。

 

さらにスピリチュアルの世界でも、この記事にも書いた通り「風の時代」において、コミュニケーションは重要なキーワードだし。

目に見えるものに価値を置く時代から、コミュニケーションの時代へ

 

あっちでもコミュニケーション、こっちでもコミュニケーションと、コミュニケーションの大盤振る舞いみたいなことになっていますが…

 

その影で、一番大切な人とのコミュニケーションが、少し置いてきぼりになっているんじゃないかな?と感じることがあります。

一番大切な人って誰でしょう?

 

家族?

パートナー?

友だち?

 

私が考える「一番大切な人」は、『自分自身』です。

自分自身とのコミュニケーションが疎かになっている人、ものすごく多いです。

 

自分が今、どんな感覚でいるのか?

何を考え、何を思っているのか?

その行動の奥にある動機はなんなのか?

 

意外とどころか、全然知らない人もいます。

ついつい自分以外の誰かの事にばかり意識が向かってしまったり、自分の気持ちに気づかないように行動してしまったり。

 

過去をいつまでも気にしたり、未来に不安をいただいたりして、「今」を見ていないなんてこともありますよね。

 

信頼関係を築くには、「今」の相手の状況に目を向けること。

口にする言葉や行動だけでなく、その背景や動機に意識を向けることもすごく大事。

 

だとしたら、自分自身に対しても「今」に目を向けることが大切だし、自分の奥にある思いや感情や、感覚に意識を向けることも大切なんじゃないかなーと思うのです。

 

なんて偉そうに言っている私も、自分とのコミュニケーションは、おざなりにしがち。

特に自分に自信を持てずにいる時、忙しくて追われているような時は、無視していることが多いかもしれないなー。

 

理想通りじゃない自分を見たくないんですよね。

「本当はこんなはずじゃない」って思っているから、現実を直視したくないし向き合いたくない(笑)

 

だけどこの状態を他者との関係に置き換えると、「相手が自分の理想どおりの人」じゃないから、理想通りにならない相手は見たくないし、目の前の相手と向き合おうとしないのと一緒。

 

いやー、かなり嫌なやつですよね。

周りにこんな人がいたら、距離をおきたくなりますし、私なら心のシャッターが一瞬にして閉まります。

 

なのに自分自身にはやってしまう。

これではいつまで経っても、自分自身を信用できないし、自信を持つこともできません。

 

自信のない振る舞いは相手にも伝わるから、相手との関係にも影響が出るかもしれませんよね。

 

周りにいる人たちとのコミュニケーションは、ものすごく大切です。

それと同じように自分自身とのコミュニケーションも大切にしてくださいね。

 

PS.

自分とのコミュニケーションの取り方、いろんな方法があるけれどセッションを受けることもひとつの方法です。

セッションを通じて自分自身の内面と対話することで、思いがけない発見があったり、見ない振りをしていたことに向き合うことができたり。

「私、こんなこと思ってたんですねー。いやー格好悪いけれどスッキリ。これも私ですもんね!」なんてこと、よく起こります。

ぜひ自分とのコミュニケーションを取りにいらしてください。まずは60分の体験セッションでお待ちしています。