女性リーダーの使う「あなたのため」って本当は誰のため?

「あなたのためを思って言ってるのよ」

「こうするのがあなたのためなのに」

「あなたのためなのに、なんで分かってくれないの?」

 

必殺!「あなたのために」攻撃。

特に女性リーダーになると、「メンバーにもっと成長して欲しい」と思うことも、「あー、ここでこんな風に動いてくれたら、もっとスムーズに仕事が進むのに…」とヤキモキすることも多くなりますよね。

 

私自身を振り返ってみても、「あなたのため」という言葉をよく使ってたなー。

 

だけど、「あなたのため」って、言われる側から見ると「は?」って思う言葉のランキング上位だと思うのです。

あなたのために続く言葉は、「大きなお世話」

「あなたのためには…」の後に続く言葉を、ちょっと振り返ってみてください。

 

その言葉、メンバーがのぞんだことですか?

「メンバーが気づかないからこそ、私が言っているんだ」と言いたくなるかもしれません。

 

だけど相手が気づいていないのだとしたら、なおさら大きなお世話です。

「求められていないアドバイスをして、自分だけ、ご満悦になっていない?」にも書きましたが、クソバイスに他ならないと思うのです。

求められていないアドバイスをして、自分だけ、ご満悦になっていない?

リーダーがすることは「あなたのため」と大きなお世話をするのではなく、何がマズいのかに気づいてもらうことです。

 

クソバイスではなく、丁寧に話を聞くことです。

あなたのためじゃなくて、私のためですよね

「あなたのため」に続く言葉って、ほんとうは伝える女性リーダー自身が、こうして欲しい、ああして欲しいということが多いのです。

 

「私が」こうやってくれると嬉しい

「私が」これをしないでくれたほうが助かる

 

本当の主語は「あなた」ではなく、「私」なんですよね。

それなのに主語を「あなた」にしちゃうから、格好悪いしダサいのです。

「あなたのため」と言いがちな人とは?

あなたのために…って言いがちなタイプってあります。

私が思いっきりそうなんですが(笑)

 

自分が感謝されたい、自分が役に立つと思われたいという気持ちが強いタイプの人が、「あなたのために」と言ってしまいがち。

なぜなら「あなたのため」って言わないと「ありがとう」って言ってもらえないでしょ?

 

私のためだなんて思いたくないのです(笑)

私はエニアグラムで自分がそういうタイプだと知ってからは、意識して「私」を主語にして話すようにしています。

 

もしもあなたが、「あれ?そういえば、私も『あなたのため』と使いがちだな」と思うなら、私と同じタイプかもしれませんね。

「あなたのため」を止めるために、最初にやること

エニアグラムは私のセッションでも活用していますが、まずは「あなたのため」を連発していないか知ること。

 

チームメンバーや気心の知れたお友だち、家族などに聞いてみると教えてくれるはずです。

そして、「私」を主語にすることを意識して話すと良いと思います。

 

「あなたのため」と言えば言うほどメンバーは離れていきます。

気づいたら、メンバーとの溝が深くなっていた…とならないように、今から行動しましょうね。

 

チームメンバーや身近な人からは、なかなか客観的アドバイスを受け取れない…と言う方は、ご相談ください。

まずは30分無料相談で直接お話ししましょう。

画像をクリックして詳細を確認してください

 

PS.

チームメンバーにうまく言葉が伝わらないと悩む女性リーダーの方へ「女性リーダーが思っている事をスムーズに伝え、チームをうまくまとめる3つの秘密」をプレゼント。

ご希望の方は、QRコードを読み込んでLINEのお友だち追加をお願いします。

画像をクリック(サンプル音声も聞けます)