メンバーに突然「会社を辞めたいんです」と言われてしまうのはなぜ?

声をかければ、いつでも元気に返事をしてくれていたし、頼んだ仕事も責任を持ってやってくれていたメンバー。私のことを慕ってくれていると思っていたから、どんどん仕事を任せていたし可愛がっていたのに。

 

事前に何の相談もなく、突然「会社を辞めたいんです」と言われてしまった…なんていう経験はありませんか?

 

理由を聞いても「チャレンジしたいことがあったので…」と言うばかり。

本音じゃないのは何となく感じるけれど、無理に聞き出すこともできないし…

 

実はこうやって突然メンバーが辞めてしまうのは初めてじゃないんだよなぁ

 

とため息をついたことがあるかもしれません。

私も似たような経験をしたことがあります。

 

同じチームのメンバーではありませんでしたが、人事責任者として退職意思を聞いて「えっ、なんでやめちゃうの?」と思ったことは一度や二度ではすまないかも。

ビックリ退職は辞めてしまうメンバーの問題…ではない

こういったビックリ退職が多いと、リーダーとしては心が折れそうになりますよね。

 

本当はもっとメンバーに成長して欲しいと思っていませんでしたか?

辞めると決めてしまう前に、相談して欲しかったなと寂しい気持ちになりませんでしたか?

 

もしかすると、「あんなに目をかけてあげたのに…最近の子って、全然長続きしない、すぐに会社を辞めちゃうんだよな」と、辞めてしまったメンバー側に原因があると思っているかもしれません。

 

あなたが、辞めてしまうメンバーに原因があると思っているなら、考えを改める必要があります。

 

もし辞めてしまうメンバーに問題があると思い続けていたら、優秀なメンバーから、どんどん会社を辞めてしまい、気づいたら「そして誰もいなくなった」という状況になる可能性も。

 

仮に新しいメンバーがやってきたとしても、ころころとメンバーが変われば強いチームを作ることも難しくなります。

響くコミュニケーションは、タイプによって全然違う

「私は一生懸命やってきたのに」と思うかもしれません。

もちろんあなたは、一生懸命やってきたのだと思います。

 

ただちょっとやり方が違っただけです。

あなたがされて嬉しいコミュニケーションと、メンバーがされて嬉しいコミュニケーションは違います。

 

今までのように、あなたがやりやすい方法でメンバーに声をかけたり、仕事を任せたりするのではなく、メンバーのタイプにあった声の掛け方、仕事の任せ方をすれば良いのです。

 

たったこれだけでメンバーは、あなたと一緒に仕事をすることで成長していくし、何か大きな決断をする前に相談してくれるようになるはずです。

 

 

響くコミュニケーションは、タイプによって変わります。個人セッションでは性格タイプ論「エニアグラム」を使います。タイプごとのコミュニケーションの特徴、響く言葉、心が折れる言葉などがわかります。