議論は文章ではなく、会話の方が良い理由

先日、こんなツイートをしました。

私はTwitterでの議論は好まないし、もっと言えば、メールを含めたテキストベースの議論も好みません。

議論になりそうな時、意見が食い違ってきたなというときは、できるだけ早いタイミングで、会話でのやりとりに変えるようにしています。

 

どうしてテキストベースの議論を好まないのか?

それは「文章は真意が伝わりづらい事が多い」から。

 

文章は真意が伝わりづらいことが多いって、具体的にどういうことなのか

私はこんな風に思っています。

誤解されてもすぐに訂正できない

文章を書くとき、「こうして欲しい」「こんなつもりで書いた」と、なんらかの思いや意図がありますよね。

 

自分ではその思いや意図を最大限に伝えるべく、言葉や表現を選んでいるわけだけど。

相手に正しく伝わるか?はわかりません。

 

そして伝わってないことがわかっても、すぐには訂正できないんですよね。

 

例えば直接会って話をしているときなら…

100%はないとは言え、相手の反応でわかりますよね。

言葉になっていなくても表情や仕草、返答に対する声のトーンなので、推測することもできます。

 

謝罪や訂正も、その場でできることが多いですよね。

 

だけど文章だとそれができないのです。

そもそも、いつ読んでくれるかもわからない。

そして仮に誤解を招いたとしても、どこでその誤解が生じたのかがわからないことも多い。

 

相手の真意を確かめるために、テキストでやりとりして、そのテキストが原因でさらにこじれる。

なんて事が起きるのです。

逆の立場でも一緒ですね。

 

相手から届いたメールなどに対して、相手の意図とは違う受け取り方をして、自分が反応しちゃうパターン。

私は過去に何度もこの失敗をしています。

そして、超苦手意識を持ってしまった相手も何人か(笑)

振り返ると直接話せば良かったなと思うのですが、今はもう、それができない関係になってしまいました。

語彙力や表現の仕方に左右される

文章って会話と違って、表情や声のトーン、ジェスチャーなどの非言語が使えないから、100%言語で伝えるしかないんですよね。

顔文字や絵文字などもあるけど、さすがにビジネスの場では使えない(笑)

 

とすると、自分がどれだけ適切な言葉や表現を使えるかに掛かっているわけで。

 

難しい言葉を使えばいいかというとそうではないし、

逆に簡単な言葉ならいいのか?といえば、人によっては「バカにされている」と感じる人もいるわけで。

 

適切な言葉や表現っていうのが、とっても難しい。

相手に対する共感や賛同だったら稚拙な表現であっても、まだ相手は受け取ってくれますが、反論はなかなかそうはいきません。

 

私自身、Twitterで言われた言葉で、未だに尾を引いている事がありますから。

すでに1年以上も前の話ですが、絶対に忘れないですね。

しつこい!と言われても忘れないw

 

相手の方をミュートしましたし、たまに流れてくる発信も素直に受け取る事ができません。

もし直接話していたら、結果は違ったのかもしれないなと思っています。

 

どんな相手に対しても適切な表現ができるなら、テキストベースでの議論も平気かもしれません。

あるいは相手にどう思われてもいいや!と思えるのだったら…

私はどちらもできないので、やっぱりテキストベースの議論は避けたいのです。

相手との関係性がしっかりできているなら、可能性はあり

私がテキストベースでのコンサルをやらないのも、ここまでに書いてきた理由が要因です。

 

コンサル中はクライアントさんの課題に深く切り込むし、ズバッと伝える事も多いので、特に関係性ができていない状態では難しいなと。

回りくどい言い方をしたら、正しく伝わらないですしね。

 

これが継続クライアントさんだと、また別なのです。

なぜならすでに、対面あるいはオンライン上で顔を合わせて会話しているので、お互いにどういう人かわかっているし、信頼関係も築けているから。

だから継続セッションにはLINEサポートをつけているのです。

 

それでも本当に大切な話、文章だと誤解を招きそうな話は、セッション時にすることにしています。

反対意見、議論はなるべく顔を合わせたところでやろう

非常事態宣言解除後も、まだリモート勤務メインという方も多いかもしれません。

 

オンライン会議もあるけれど、これまで以上にテキストでのコミュニケーションが増えているはず。

そして私と同じように、テキストコミュニケーションが苦手で悩んでいるという人もいるかもしれませんね。

 

これが100%正解!というのはないけれど。

誰かの意見に反対したい時、議論になりそうな時は、テキストで済まそうとせずに直接「話す」ことをオススメします。

 

顔を見ながらだと、反対意見を言うにしても言い方を考えるでしょ?

文章だと、相手の顔が見えない分、ついキツイ言い方になってしまうのよね。

 

別に長い時間じゃなくてもいいのよ。

10分でも15分でも、相手の顔を見ながら話をすること。

それがとても大切だと思うのです。

 

PS.

週1回ペースで、仕事に役立つトピックを配信中。時々読者さん限定の企画やプレゼントもしています。

解除も簡単にできますので、ぜひ試しに読んでみてください。ご登録、お待ちしています!

 

PPS.

その他ご提供中のサービスはこちら

ご提供中のサービス
\無料で、すぐにできるワーク付き/

\30分の無料カウンセリング実施中/