「つもり」は、いずれ大火事を引き起こす

コミュニケーション不足で仕事に支障が出ることって、結構多いですよね。

だからこそ、「職場のコミュニケーションを改善したい」とか「コミュニケーションを円滑にしたい」というご相談につながるわけで。

 

コミュニケーション云々の話になると、「話し方」や「聴き方」の練習、最近だとコーチングなど、スキルを身につけることに意識が行きがちだし、そういう研修が山ほどあるんですよね。

でも、私はスキルだけ身につけても、コミュニケーションの改善はうまくいかないと思ってます。

 

なぜなら、コミュニケーション不足の大きな原因は、話し方や聴き方のスキルが足りてないんじゃなくって

 

「伝えたつもり」

「理解したつもり」

「聞いたつもり」

 

という「つもり」が引き起こすものだからです。

どんなにスキルが高くても、この「つもり」を放置している限り、コミュニケーションはよくならないですよ。

よくならないどころか、いずれは大火事を引き起こします。

何度も説明したはずなのに・・・

「この件は、Aというやり方でやります」

「先日の案件は、B案で進めます」

 

と話した途端、「えっ、そんなの聞いてない!」「いつ、そんなのが決まったの?」と言われた経験、ありませんか?

「いや、この間の会議の時に話したよね」とか「何度も伝えたじゃない」で相手が納得してくれれば良いのですが、たいていは納得しません。

 

いや、聞いてない

自分だけ知らない

 

と、どんどん意固地になり、最後は「勝手にすれば!」となる。

こうなると良い仕事が出来ない以前に、そもそも職場における人間関係すら危うくなりますよね。

 

こんな時、「説明したのに、聞いていない相手が悪い」と思ってしまいがちなのですが、ここに大きな落とし穴が。

確かに何度も説明をしたのかもしれません。

でもね、相手に伝わっていなければ、それは「つもり」でしかないんです。

 

もちろん、どんなに手を尽くしても伝わらないことはあります。

こういった場合、「相手に理解する気がない」という事も多いので、一旦横に置いておきますね。

 

相手が理解したかどうか確認していない

どんな風に伝えたら、相手に伝わるか考えていない

 

これが原因で、相手が理解していないのだとすれば、実際に何度説明しようとも、「説明していない」のと同じことだと思うのです。

「伝える」とは話し手が言いたいことを言い終えた時ではなく、相手が理解した時に初めて成り立つものなんじゃないかな。

 

だからもし、「説明したはずなのに・・」と思うことが多いなら、スキルを学ぶ前に、自分が「つもり」になっていることを認識する事が最初。

そこがないまま、いくらスキルだけ身につけても、結局は「つもり」の回数が増えていくだけです。

あれってそういう意味だったの!?

コミュニケーションに問題があった場合、常に伝える側が「伝えたつもり」になっているからか?と言われれば、そうではないことも多くて。

コミュニケーションが人と人との関係性において発生するものであれば、どちらか一人だけに全責任があるわけじゃないですよね。

受け手側の問題も多いにあるわけです。

 

そんなの聞いてない!と言ったら、「えっ、あの時、話してたじゃない」と言われて、「あれってそういう意味だったの?」と思ったことはありませんか?

 

これが、理解した「つもり」ですね。

自分なりに解釈したけれど、それが伝えた相手の意図とは違ったというパターン。

 

相手が、何を伝えようとしているか考えていない

相手がどういう意図で話をしているのか確認していない

 

だから相手が言っていることを自分に都合よく解釈しちゃうんです。

ここでも大事なのは「聴き方」のスキルを学ぶことよりも、自分が「理解したつもり」になりやすいと自覚すること。

その自覚ができれば、「これって◯◯という理解で正しい?」「今、伝えようとしているのは、どういうこと?」と相手に確認することもできますよね。

えっ!?そんな話を聞いた覚えはないけれど・・・

えっ!?そんな話を聞いた覚えはないけれど・・

 

という時、「理解したつもり」の他にもうひとつ、聞いた「つもり」というのがあります。

「聞いたつもり」の人は、聞くことそのものが「つもり」なので、平たく言うと聞いてません

 

「えっ、その話、何度もしたよね」とか「この間の会議でも、その話題になりましたよ」と言われても、「知らない」「聞いてない」と答えるんです。

周りは、いやいや、あの時その場にいたじゃないか!と思うので、不信感が募ったりもします。

 

どうして「聞いたつもり」になっちゃうんでしょうね?

私は、相手の話を聞く時に、思いっきりフィルターがかかってしまうことが原因だと思っています。

 

人は見たいものしか見ないし、聞きたいことしか聞かない

 

よく言われることだけれど、まさにこの事が原因なんじゃないかな。

自分に都合の悪いこと、自分の価値観と合わないことは、たとえ「音」として耳に入ってきたとしても、聞いてない。スルーしちゃう。

 

だから、聞いたことすら覚えてない。

どんなに気をつけていたって、人は自分のフィルターを通して物事を判断します。

だから、100%客観的になるというのは、無理だと思うのです。

 

でも、フィルターがあまりにも偏っていると、人間関係を築く上では困ることの方が多いはず。

周りもどうしていいか分からないからね。

 

自分がどんな価値観を持っているのか、どんな考え方のクセを持っているのか、どんな話を「聞いたつもり」になりやすいのか知っておくことは、すごく大事。

それが分かれば、「聞いたつもり」になりそうな時に、気をつけようと意識することができますよね。

「つもり」はいずれ大火事を引き起こす

伝えたつもり

理解したつもり

聞いたつもり

 

ひとつひとつは、些細なことかもしれません。

けれど、「塵も積もれば山となる」じゃないけれど、小さな「つもり」が積み重なると、それはいつか大きな問題を引き起こします。

 

ボヤのうちなら個人でも消せるけれど、大火事になったら消防車を呼ばないと無理!みたいな感じね。

 

大きな問題になってから、解決するのって時間も労力もかかるし、最悪の場合、解決できないことだってあるわけです。

だから「つもり」がまだ小さなうちに解決しておくことが大事。

 

  1. 自分がどんな「つもり」をしてしまいがちなのか知る
  2. 自分のどんな価値観やクセが原因で、「つもり」をしてしまうのかを知る
  3. どんな時に「つもり」がしやすいのかを観察する
  4. 「つもり」が出た時にすぐに気付く(周りの人に指摘してもらっても可)

 

コミュニケーションのスキルを学ぶ前に、まずは上記の4つから始めることが大事なんじゃないかな。

特に1と2はとっても大事で。

これが分からないと、自分で気付くことができないからね。

 

1/23開催のセミナーでは、エニアグラムという性格タイプツールと、いくつかのワークを通じて、それぞれのコミュニケーションや考え方のクセを理解してもらいます。

自分のクセを知ることはもちろん、周りにいる人たちが、どんな時に「つもり」をしてしまうのかも理解することができます。

 

自分の「つもり」を知りたい!

コミュニケーションをよくしたい!

 

と思う方は、ぜひいらしてくださいね。お申込みは、下記から承ります。

人間関係のストレスを減らしたら、もっと楽しく働ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA