だから、あなたの話はメンバーに伝わらない

「メンバーが理解してくれないんです」

「そんなこと言いたいわけじゃないのに…」

「どうして私の意図を汲み取ってくれないんだろう」

 

女性リーダーの方々と話しているとよく聞くお悩みです。

メンバーに話を聞くと、こう返ってきます。

 

「リーダーの言ってることの意味が分からないんです」

「なんで、あんなこと言うのか理解できません」

「何も説明してくれないから困ってるんです。」

 

リーダーは「自分は伝えているのに部下は理解してくれない」と言い、メンバーは「上司は全然説明してくれないし、たまに説明してくれても言っている意味が分からない」と言う。

 

どうしてこうなってしまうんでしょう?

たまたま、うまくコミュニケーションが取れていないリーダーとメンバーなのでしょうか?

 

きっとそうではないはずです。

程度の差はあっても、多くの職場で起こっている問題だし、悩んでいる方もすごく多いですね。

あなたも心当たりはありませんか?

「りんごの絵を書いて」だけでは、同じ絵にはならない

突然ですが「りんごの絵を書いてください」と言われたら、どんな絵を書きますか?

 

ある人は、赤い丸ごとの、りんごを書くかもしれません。

ある人は、青りんごを書くかもしれません。

ある人は、切ったりんごを書くかもしれません。

齧ったりんごを書く人も、白雪姫の毒りんごのような、黒っぽいりんごを書く人もいるかもしれません。

 

でも、「りんごを書いて」と言った人が、「りんごを書けと言ったら赤くて丸いりんごを書くべき」と思い込んでいたらどうでしょう?

 

切ったりんごを書いている人を見て、「えっ?何書いてるの?私はりんごを書いて!って言ったじゃないか」となってしまうのです。

 

切ったりんごを書いて怒られた人は、「えっ?だって、りんごを書けば良いんでしょ?何で怒られなきゃいけないの?」と理不尽に感じちゃう。

これが仕事の場で頻繁に起こっているのです。

ズレて伝わるのは、言葉の定義が違うから

なぜ、こんなにズレるのか?といえば、言葉の定義が人によって違うから。

 

ズレを防ぐには、「ここで言っている『りんご』とは、齧ったりんごでも、青りんごでも、切ったりんごでもなく、赤くて丸いりんごだよ」と全員で前提条件を一致させることです。

 

読むと「当たり前じゃないか」と思うかもしれませんが、出来ていないパターンがとても多い!

何となく分かったような気分になる言葉は特に注意。

 

例えば「チームには一体感が必要だよね」とか「成長しないメンバーはダメだよね」とか。

 

一体感とは何を指しているの?

成長しているとは、どうなったら成長していることになるの?

 

会社やチームによって、求める一体感も違うし、何をもって「成長」と呼ぶのかも違うはず。

それなのに、丁寧に説明しないから、「何を目指したいか分からない」とか「成長しろという割に、評価してくれない」とか言われるのです。

「〜したつもり」が一番危ない

言葉を尽くせば、全てが理解されるわけではありません。

でも、「言葉の定義を揃える必要がある」と分かっていれば、メンバーに対して、丁寧に伝えようと意識しますよね。

そしてメンバーと前提があっているか確認することもできます。

 

「言ったつもり」「分かっているつもり」が一番危険。

ぜひ、今までもよりも丁寧にメンバーと対話してみてくださいね。

 

ひとりよがりのコミュニケーションをしていると、「メンバーに突然「会社を辞めたいんです」と言われてしまうのはなぜ?」に書いたように、メンバーのビックリ退職が増えることもあるのです。

メンバーに突然「会社を辞めたいんです」と言われてしまうのはなぜ?

 

▼ご提供中のサービス