価値観の違う人を受け入れることがしんどい時は?

「価値観の違いを受け入れよう」

 

言われたことがある人も多いのではないでしょうか?

「新卒から定年まで同じ会社」「ほぼ正社員」「女性は結婚、あるいは出産したら退職」という統一された価値観は、もう過去のもの。

今は外国籍の方が職場に増えた…というだけでなく、同じ日本人であっても、色んな立場の色んな考え方の人がいます。

 

だから自分とは違う価値観の人たちと、どう向き合うかはとても大切なのですが。

 

「価値観の違いを受け入れよう」

 

と言われてしんどくなることってありませんか?

自分とは違う価値観って、そもそも全部受け入れないといけないのでしょうか。

私はそうは思わないどころか、むしろ、受け入れない方が人との関係性は良くなるのでは?と思っています。

相手の価値観を受け「入れる」のではなく、受け「止める」

価値観って、育って来た環境や得てきた経験で異なるもの。

だから自分とは違う価値観を、簡単に受け入れられないのは当たり前。

それを何とかして受け入れなくちゃと思うから、しんどくなるのです。

 

そして「やっぱり無理!」となると、自分が受け入れるのではなく、相手に受け入れさせようと攻撃的になってしまう。

それっていいことないですよね。

 

違う価値観は受け「入れる」のではなく、ひとまず受け「止める」

自分の中にいきなり入れるのはやめて、自分の手前で止めるんです。そして考える。

 

これは自分の中に入れられるかな?って。

 

受け止めた価値観の中で、自分の中に入れてもOKのものだけ受け「入れ」たらいいんです。受け入れられない部分は「ふーん。あなたはそう考えるのね」でおしまい。

私もOK!あなたもOK!

育ってきた環境や、経験してきたことで価値観は違う。

全員の価値観が全く一緒…の方が逆に怖い。

 

環境が違う

経験が違う

 

あるのは「違い」であって、どっちかが正しくて、どっちかが間違っているという「正誤」ではないんです。

だから私は私、あなたはあなたでいいんです。

 

私もOK、あなたもOK。どちらもOK

決してどちらかがOKで、どちらかがNoではありません。

 

どうしても合わなければ、相手から離れる、必要最低限の関係にするという選択肢だってあり。

価値観は違って当たり前。無理して受け入れる必要もなければ、相手に受け入れさせようと攻撃する必要もないんです。

仕事上必要なら、「仕事を円滑に進めて結果を出すため」に対話を

とは言うものの、仕事をしていたら「価値観が違うから」では終わらないこともありますね。

付き合わなければいいと言ったって、そうは問屋が卸さないことも。

 

リーダーの立場であれば、違う価値観の人たちをチームとして機能するようにしなければいけません。

そんな時は「対話」することが大事。

 

誰か(たいていはリーダー)の価値観に合わせるのではなく、

    • どうしても譲れないこと
    • 許容できること

をそれぞれが率直にテーブルの上に出し合うこと。

その中でどうするのがBetterなのかを一緒に考えること。これが大事です。

 

その時の視点は「チームとして円滑に仕事を進め、結果を出すにはどうすればいいか?」です。

こういった対話をするとき、つい「自分の正しさ」や「自分の好み」を主張したくなります。

 

でも、正しさや好みを主張しあっても、仕事は円滑に進まないし、結果を出すことはできません。

むしろ相手を責めて対立構造になることも。

対話の視点がズレてきたら、元に戻すことがとっても大切です。

まとめ

「多様化」「ダイバーシティ」などの言葉を聞かない日はありません。

特にリーダーには、今まで以上に柔軟な視点や考え方が要求されますし、柔軟な視点や考え方を持てる人が、リーダーになっていくのだと思います。

 

だからと言って、無理して疲弊したら本末転倒。

 

違う価値観を全て受け入れる必要はありません。

大切なのは、お互いの価値観を受け止めて尊重し合うこと

現実には、「三歩進んで二歩下がる」事もたくさんあるけれど、諦めず焦らず、一歩ずつ進んでいきましょう。

 

個別に相談したいとう方は、期間限定の無料セッションをご利用くださいね

 

企業で働く女性リーダー/リーダー候補に向けて、ブログには書いていないお役立ち情報を配信中。

メルマガのご登録はこちらから。