コーチングって相変わらず人気ですね。

Facebookを見ていると「◯◯コーチ」と名乗っている人がものすごく多いし、相変わらず、コーチングを受けたい人よりもコーチになりたい人の方が多いようです。

 

個人起業の世界だけじゃなくて、組織の中でもコーチングは大人気。

人材開発や組織開発のひとつとして、コーチングを取り入れている大企業は多いです。

 

コーチング会社に話を聞いても、大企業を中心に引き合いが多くて、とにかく忙しいそうです。

 

「えっ、まだコーチングやってないの?」みたいな感じですね。

 

私も仕事上、必要に迫られて、今年はシステムコーチングかエグゼクティブコーチングの勉強を始めようかと思ってます。

 

でも、何度目かのコーチングブームの中、「これって危険な風潮じゃない?」って感じることがあるのです。

それは、コーチングを魔法の杖か伝家の宝刀だと思っている人が多いってこと。

 

コーチングを始めれば、問題は全て解決するかのように思っている人、ビックリするほど多い。

コーチングを導入しようとしている側だけでなく、コーチの立場にある人ですら、そう思っているから厄介。

 

コーチングは魔法の杖でもなければ、伝家の宝刀でもありません。

単なるコミュニケーション手段のひとつでしかないってことを忘れると、問題が解決するどころか、悪化する可能性だってあるんですよ。

 

コーチングは、相手に「気付き」を与えるコミュニケーション手法のひとつ

 

どうして今、企業の中でこれだけコーチングが持て囃されているかと言えば、昔からのマネジメント手法が通用しなくなったからですよね。

パワーマネジメントはもう古い。これからのマネジメントに必要なこと

 

この記事でも書きましたが、もう「俺についてこい!」的なパワーマネジメントは通用しません。

 

パワーマネジメントが効果的だった時は、上司が部下に対して「こうしろ、ああしろ」と指示を出せば良かったし、部下も上司を見て育つことが可能だった。

でも、残念ながら今はそういう時代じゃない。

 

それに「ああしろ、こうしろ」と指示だけされて育って来た人は、今さら「自分で考えて」なんて言われても、考えることすら出来ません。

 

だから、こぞってコーチング手法を取り入れようとしているわけです。

コーチングは、相手の話を傾聴し、承認しながら効果的な質問をし、相手の自発的な行動を促す手法。

 

「ああしろ、こうしろ」を止めて、部下本人に考えさせる方向へ舵を切ったというわけです。

 

使い方によっては、問題を解決するどころか、問題をこじらすことだってある

 

コーチングは、基本的にコーチが答えを提供することはありません。

「コーチがアドバイスをしたり、答えを提供するのは、コーチとしての倫理違反」とハッキリ口にする方もいらっしゃいます。

 

確かに自分で考えること、自分で答えを導き出すことはとても大事。

考えられない人が「主体的」に行動することはできないし、「主体的」に行動できない人は、どこかで成長が止まります。

 

でも、どんな問題もコーチングで解決できると思ったら大間違いです。

 

例えば、知識や経験がない人に、いくらコーチングをしても効果はありません。

なぜなら、そもそも何をどうやって考えて良いかすら分からないから。

この人に必要なのは、コーチングじゃありません。ティーチングです。

 

どうやってやるのか、どう考えれば良いのかをきちんと教えて、まずは知識と経験を身につけてもらうことですね。

 

例えば、評価を伝える時や何か大きなミスをした時。

まず必要なのは、コーチングではなくフィードバックです。

 

きちんと事実を伝えることが大事ってことです。

コーチングを使うならば、最初に事実を伝えた上で、「これからどうするか?」を考える時。

フィードバックがないままコーチングをしたところで、相手の自主的な行動が改善に繋がらなければ、何の意味もありません。

 

何も教えず、何もフィードバックもせず、ただコーチングだけでコミュニケーションを取ろうとしても、成長は期待できません。

成長が期待できないどころか、不信感を招くし、問題をこじらすだけじゃないのかな。

 

全てを解決できる万能な手法なんてあるわけない

 

ティーチングやフィードバックを悪いことのように言う人もいるけれど、それこそ危ないと思う。

ティーチングもフィードバックも、人材育成には必要です。

 

だいたい、コーチングもティーチングもフィードバックも手法のひとつでしかないんです。

全ての問題を解決できる、万能な手法なんてひとつもありません。

 

確かに今まで、日本の組織では自主的な行動を促す「コーチング」のような働きかけが、著しく欠けていたのよね。

だから、コーチングを取り入れるって、すごく大事なことだと思います。

 

でも、それだけに偏るのって、本当におかしいのです。

もし、「コーチングこそが、唯一素晴らしい」というコーチやコーチング会社に出会ったら、残念ながら二流以下です。

そんな人たちと契約を結んだところで、思ったような効果は得られませんよ。

 

本物のコーチやコーチング会社は、コーチングのメリットもデメリットもどちらも熟知しています。

だから、決して「コーチングこそが正解」なんて言いません。

 

ティーチングやフィードバックも必要であるということを伝えてくれるし、コーチングの限界についても率直に話をしてくれます。

その上で、コーチング手法を使うメリットを話してくれます。

 

コーチングは、数多ある人材育成のひとつの手法でしかありません。

コーチングを導入すれば、全ての問題が解決する。コーチングは伝家の宝刀だと思っているなら、その考えかたは今すぐ捨ててください。

 

コーチングに限らず、ある手法が全てを解決することなんて、絶対にありません。

解決したい課題に応じた手法を取らないと、問題はこじれる一方。

 

  • 問題の本質は何か?
  • その問題はどうすれば解決できるのか?
  • 最適な手法は何か?

 

これらを考える手間を惜しんではいけないし、ベンダーの言いなりになっても、うまくはいきませんよ。

それこそ自分たちで考えて気づいて、自発的に行動しないとね。