雑談力を上げるのに「話し上手」になる必要はない

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

雑談が苦手という人、多いですよね。

そして、「雑談できる人が評価される」「営業成績をあげるには雑談力が必須」と思っている人も多いんじゃないかな。

 

それを裏付けるかのようにAmazonを見ても「雑談力」に関する本がたくさんありました。

 

  • 話下手のための雑談力
  • オトナ女子の雑談力
  • 雑談力が上がる話し方
  • 会話がはずむ雑談力
  • 超一流の雑談力
  • 誰と会っても会話に困らない雑談力ノート
  • 雑談力

 

などなど。

私自身はどの本も読んだことがないのだけれど、それだけ悩んでいる人が多いってことですよね。

 

確かに雑談をすることで、相手との距離はグッと縮まります。

だから上手に話さないといけない、雑談をしなくちゃいけないと悩むし、そう思えば思うほど緊張するして頭が真っ白になり、余計にしどろもどろになってしまうんですよね。

 

でも、『雑談力』って自分から話題をしかけて、ひとりで盛り上げて話を続ける必要はないんですよ。

 

会話は話す人と聞く人がいないと成立しません。

そして、「自分の話を聞いて欲しい人」はとても多いのです。だったら、話を上手に聞ける人を目指したら良いのです。

 

いきなり「聞き上手」になることは難しいですが、まずは次の3つを意識してみてください。

  • 相手の話に集中する
  • 「うん」「はい」以外の相槌を入れて、話をふくらませる
  • 出来事ではなく、相手の感情をつかまえる

相手の話に集中する

雑談が苦手な人って、実は相手の話に集中していない人も多いです。

それは、「このあとに何を話せばいいんだろう?」と考えてしまうからですね。

 

聞き上手を目指すなら、「何を話せばいいんだろう」と考える必要はありません。

キレイさっぱり忘れてください。

相手の話に集中するというのは、ただ言葉に集中するだけじゃありません。

 

言葉以外の声のトーンや早さ、表情にも意識を向けることです。

 

言葉以外から得られる情報って、思っている以上に多岐にわたるし、何より人は、自分の話を一生懸命聞いてくれる人に好感を持つものです。

「うん」「はい」以外の相槌を入れて、話をふくらませる

話をしていて一番困るのは、相手に何の反応もない時。

困るだけじゃなくて不安にもなります。

雑談が苦手な人は、そんな時に漂うシラーっとした空気にいたたまれなくなるんですよね。

 

でも、ちぐささん、どうやって話を膨らませばいいんですか?と聞かれそうですが(笑)

答えは簡単!「5W1H」を使えばいいのです!

 

同僚同僚

古賀さん、週末は何をしていたんですか?

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

私は◯◯だけど、Aさんはどうしていたの?

同僚同僚

私は、本を読んでいたんです。

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

読書、いいよね。何て言う本を読んでいたの?

同僚同僚

△△という本です。夢中で読んじゃいました!

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

へー、どんなところに夢中になったの?

同僚同僚

そうですね・・・

 

この同僚は、きっと楽しそうに自分が読んだ本について語ってくれるはず(笑)

 

何をしていたのか

どんな本を読んだのか

どんなところに魅力を感じたのか

 

聞いたのは、ただこれだけです。

特にひねったことは聞いていないし、自分の話も一切していません。

でも、会話は続いていますよね。

 

気の利いた返しをしなくちゃ、ちゃんと質問しなくちゃと身構えると、頭の中が真っ白になってしまうけれど、これなら出来そうじゃないですか?

出来事ではなく、相手の感情をつかまえる

この2つだけでも雑談力はグッと上がりますが、さらに一歩進めるならこれです。

最初にも書いた通り、人は感情の生き物です。だから、感情を上手に汲み取ってあげると良いのです。

 

「でも、空気を読んだり、相手の感情を察知したりするのは苦手です」

 

そう思うかもしれませんが、苦手意識を持つ必要はありません。

察知するのが苦手なら、聞けばいいんですよ。

 

相手の感情をとらえることで、ただ「何をしたの?」「何を食べたの?」と聴くよりも、ずっと会話が膨らみますよね。

お手本はインタビュアー

もうひとつ「やってみるといいよ」と付け加えるならば…

 

インタビュー動画を見るのもおすすめです。

インタビューって、基本的にはインタビューをされる人の話を聞くものですよね。

 

インタビュアーが自分の話ばかりをしていたら成り立ちません。

相手の話を引き出して30分や1時間、会話を成り立たせるわけです。

 

以前実家で、母が録画していた「サワコの朝」を見ましたが、さすが阿川佐和子さんです。

上手に質問をして、相手の話を引き出していました。

 

もちろんいきなり、阿川さんのようにはできるはずはありません。

 

  • どんな質問をしているのか
  • どんな風に話を膨らませているのか
  • 相手が答えにくい質問をしてしまった時は、どう切り替えしているのか

 

繰り返し動画や録画した番組などを見て、学ぶことはできますよね。

 

雑談が出来ると人間関係が円滑になるのは事実です。

でも、そのために無理やり話上手になる必要はありません。

周りに話好きな人が多いなら、なおさら聞き上手、質問上手を目指してみてはいかがでしょうか。

 

PS.

聞き上手、質問上手を目指すには、「なぜ相手に話が伝わらないのか」を知っておくことも大切!

2/20、2/21に「どうして相手に伝わらないの?」の原因がスルスル解けるコミュニケーション講座を開催。ぜひいらしてください

■絵画を使ったコミュニケーション講座
日 時:2021/2/20(土)、2/21(日) 10:00-12:00
場 所:zoom
定 員:2/20:残席3、2/21:残席5(各回6名)
参加費:¥1,000(税込)
お申込:https://ws.formzu.net/dist/S78069392/

※2/20(土)、2/21(日)とも内容は同じです
※zoomURLは、参加費のお支払いを確認後、ご連絡いたします
※キャンセルポリシーはこちらをご確認ください