先週、1年間のサポートを終了したクライアントが、こんなことを言っていたんです。

 

「仕事に対する捉え方が変わったら、仕事への取り組み方も周りの反応も変わりました」

 

クライアントと最初に会ったのは、私が主催した1Dayセミナーだったのですが、そのセミナーに参加するまでに半年ぐらい悩んだそうなのです。

そこから私の継続セッションを受けることに。

 

最初の4ヶ月ぐらいは

 

「何がしたいのか分からない」

「自分がどんな働き方をしたいのか分からない」

「転職することも考えている」

 

と言っていましたね。途中、「将来は友だちとカフェをやりたい」と言い出したことも(笑)

これは「本当にそうなの??」と突っ込んだところ、あっさり「やっぱり違うかも」となりましたけれど。

 

それぐらい、自分の働き方に迷っていたんですよね。

でも、ある時からガラリと変わったのです。

 

それが「仕事に対する捉え方を変えたとき」です。

それまでずっと、仕事を受け身で捉えていたんですよね。主語が自分ではなく、会社や上司だったのです。

 

うちの会社は◯◯だから

上司が頼りないから

 

だから仕方がない、だから会社がつまらない、だから自分の存在価値が分からない、という感じだったのだと思います。

 

でも、主語を自分に変えて

 

自分はどうしたいのか

自分はどうするのか

自分は何ができるのか

自分は何を得たいのか

 

こうやって考えることで、仕事への取り組み方も大きく変わりました。

 

もし、今の会社を辞めることになったとしても、通用するスキルや経験を得るためには、今何ができるかな?という視点になったら、やりたいことが色々と出てくるようになったのですね。

 

「自分だけが頑張るんじゃなくて、チームのメンバーを育てていきたい」

「チームを良くするためには、上司との関係も良くしていきたい」

「自分が良かれと思ってやったことが、実は押し付けになっていたかもしれない。チームメンバーとの関わり方も工夫したい」

 

もちろん、どれも一朝一夕で出来ることではないけれど、こういう意識を持って働き始めたら、周りの反応も変わってくるんです。

 

後輩が「◯◯さんが、あの時言っていた言葉がやっと分かりました。こういうことだったんですね!」と言ってくれたり、上司から「管理職を目指して欲しい」と打診をもらったり。

 

もちろん、顧客からの評判も上々。

新しい案件を獲得したり、顧客から次の顧客を紹介してもらったりもしているそうです。

毎月、報告を聞きながら「すごいなー」と思っておりました。

 

誰かに期待されたり、評価されたりしたら、人はやる気になりますよね。

私のクライアントも、どんどんやる気がアップしていきました。

主体的に動くようになり、さらにやる気がアップしているのだから、もっと結果も出せるようになり、良い循環が起きるようになりましたね。

 

「1年前は、こんな風に変わるなんて思っていませんでした。来年の昇格試験で管理職を目指してみようと思います」

 

と話してくれました。

正直、私もこの1年間の変化にはびっくりしています。

 

ブログでもメルマガでも、何度もお伝えしていますが、人の意識って本当に大事です。

人は意識したように現実を作っていきます。

 

自分はどうしたいのか

自分はどうするのか

自分は何ができるのか

自分は何を得たいのか

 

あれこれ難しいことを始める前に、まずはこんな風に仕事に対する捉え方を変えてみませんか?

これが大切な「はじめの一歩」だと思いますよ。

 

はじめの一歩を踏み出したい方は、いつでもお待ちしています。

初回限定60分体験セッション