あなたが掴んだつもりでいるチャンスの神様、実はニセモノじゃない?!

『チャンスの神様には前髪しかない』

 

この言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

『チャンスに気づいたら迷わず掴みなさい。迷っているうちにチャンスは逃げてしまうよ』という格言。

どうやらギリシャ神話に出てくるカイロスがモデルらしいです。

 

考えすぎて動けなくなってしまう人にとっては、『チャンスの神様は前髪しかない』は、一歩を踏み出すためのきっかけになる言葉になるはずです。

 

ただチャンスの神様には、「ホンモノの神様」と「ニセモノの神様」がいるのでは?と思うのです。

自分がどんなチャンスを掴みたいのか、知らなければチャンスは掴めない

ホンモノのチャンスの神様を掴みたいなら、自分がどんなチャンスを掴みたいのか知る必要がありますよね。

 

知らなかったら掴みようがないどころか、ニセモノを本物だと思って嬉々として掴みに行き、本当に掴まなければいけないチャンスをスルーしている可能性が高いのです。

 

だからと言って、ものすごく細かく定義しなさい!ということではありません。

変化が激しく正解もないこの時代、掴みたいチャンスはざっくりとしたもので良いです。

ただ、やみくもに飛びつくのは「チャンスを掴んでいる」わけではない

自分が目指しているもの

自分が掴みたいと思っているもの

 

これが明確だから、チャンスが来た時に迷わず掴むことができるんです。

逆にいくら周りが「チャンスだよ」と言ったとしても、自分に必要なものでないなら、それをスルーすることができるんですよね。

 

ニセモノのチャンスの神様しか掴めない人は、ただ、やみくもに飛びついているだけ。

飛びつくことが目的になってしまっています。

 

飛びついた当初は、「わー、チャンスを掴んだ!」なんて喜ぶのですが、結局はニセモノですから、そう遠くないタイミングで「これは違う」と気づきます。

 

違うと思った時に、「なぜ?」と考えれば良いのですが、残念ながら見なかったフリをしてしまうことも…

これではいつまで経っても、ホンモノのチャンスは掴めません。

いつまで、ニセモノのチャンスの神様を掴み続ける?

考えるって少なからず頭を使いますし、すぐには答えを出せずに悶々とすることもあります。

 

それがイヤだから考えない。

そして、「考えていない」ということを認めたくないから、その場しのぎの言葉で、見てみないフリをするんです。

 

私からは、回し車をひたすら回しているハムスターにしか見えません。

どこにも行けず、何も成し遂げられず、ただひたすら走り続けるだけ。

 

それでも良いというのであれば、本人の自由!

周りが「おかしい」なんて言う必要はないですよね。

 

だけど、ホンモノのチャンスの神様を掴みたいなら、自分に都合の良い言い訳をするのはやめましょう。

そして、まずは自分がどんなチャンスを掴みたいのか、しっかり考えましょうね。

 

PS.

自分がどんなチャンスを掴みたいかを考えるには、自己認識力を高めることが必要不可欠。

毎週1回、自己認識力(Self-Awareness)を高めるためのヒントを配信しています。自己認識力を高めホンモノのチャンスを掴みましょう。