10,000回やってダメなら10,001回目も多分、ダメだよ

ドリカムの「何度でも」に出てくる歌詞になぞらえて

 

『10,000回やってダメでも10,001回は変わるかも』

 

と言われる事があります。

もうひとつ、よく使われるのが、スラムダンクの

 

『あきらめたらそこで試合終了ですよ』

 

というのもありますね。

私はスラムダンクを読んだ事がないので、シチュエーションは一切わからないのですが(笑)

このセリフだけは色んなところで目にしています。

 

ドリカムの歌詞も、スラムダンクのセリフも、どちらもチャレンジを応援してくれる、とても素敵な言葉だと思うのですが、残念ながら「呪いの言葉」に早変わりすることもあるんですよね。

 

どんな呪いか?それは・・・

 

いつまでも終わりにできない呪い

 

です。10,001回目に何かが変わるかもしれないと思えば、そこまで頑張ろうと思うし、諦めたら試合終了だと言われたら、諦めることもできない。

 

もちろん、1回でうまくいくことなんて少なくて、何度も挑戦することでうまくいくことは、たくさんあります。

すぐに諦めたら何も手に入らないというのも、その通りです。

 

だけど、続けていたら必ずうまくいく、絶対に手に入る・・・というわけではありません。

 

多分ね、10,000回やってダメなものは10,001回目もダメな確率が高いですよ。

同じ方法を何度試しても、ダメなものはダメ。

何かを変えなくちゃ。

 

そして、「やり方」が正しければ、うまくいくわけではありません。

 

方向が間違っていたら、ゴールには辿りつきません。

物事にはタイミングもあるから、タイミングが悪ければうまくいきません。

スキルや経験が足りないかもしれません。

そもそも、自分が求めていたものと違ったということもありますよね。

 

だから「諦めない事がいい」わけではないし、「何回も繰り返せばいい」わけでもありません。

 

方向が間違っているなら、正しくゴールを設定すること

タイミングが悪いなら、時期が来るまで待つこと

スキルや経験が足りないなら、まずはそれらを積むこと

自分が求めているものと違うなら、自分が求めているものを知ること

 

それには一旦「終わりにする」「諦める」ことも必要ですよね。

 

続けること、諦めないことは大事なこと。

だけどそれと同じぐらい、「違う」と思った時に「終わりにする」「諦める」ことも大事です。

それは決して、悪いことではありません。

 

また1回目からチャレンジすればいいし、新しいことを始めればいいんです。

 

『10,000回やってダメでも10,001回は変わるかも』

『あきらめたらそこで試合終了ですよ』

 

これらの言葉を自分で「呪いの言葉」にしないようにしてくださいね。

ご提供中のサービス
\無料で、すぐにできるワーク付き/

\30分の無料カウンセリング実施中/