好きにならなくてもいいし、ワクワクしなくてもいい

成功するには、その仕事を「好き」になることが大事。

「好き」じゃなければ、その仕事に情熱を注げない

 

なんて言われることがあります。

ワクワクすれば、すべてうまくいく…というのもありますね。

 

もちろん

仕事がすごく好きで、情熱を傾けられるのは素晴らしいこと。

いつでもワクワクできたら、フットワークも軽くなりますよね。

 

ただ「好き」「ワクワクする」ことにとらわれすぎて、「好きにならなきゃダメなんだ」「ワクワクできないから上手くいかないんだ」と思ってしまうなら、それはちょっと違います。

 

好きにならなくてもいいし、ワクワクしなくても、上手くいくこともたくさんあります。

 

「好きにならなきゃ」と力を入れるのではなく、「キライじゃなければいいや」ぐらいの軽い感じ。

「ワクワクしなきゃ」と無理するのではなく、「じんわり嬉しく思えたらいい」ぐらいの力を抜いた感じ。

 

これじゃなきゃいけない

こう感じないと上手くいかない

 

と思ってしまうと身体に力が入るし、好きになれない、ワクワクできないことを責める言葉が、頭の中に浮かんでしまいます。

 

身体に力が入ったら呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなれば、心も身体もしんどくなります。

 

自分を責める言葉が頭の中をグルグルすれば、エネルギーだって湧いてこないですよね。

 

そんなに力を入れなくても大丈夫。

仕事を好きになれないことをを責める必要はありません。

ワクワクできないことを後ろめたく思う必要もありません。

 

もっと肩の力を抜いていきましょ。

仕事にどんな意味づけをするのか、仕事をどう捉えるかは、自分で決めていいんです。

あなたが一番しっくりくることが一番です

 

PS.

あなたがあなたらしくイキイキと働くためのヒントを週に1回配信中。

大きな声に惑わされる必要はありません。あなた自身の価値観を大切にし、自分の選択に自信を持ちましょう!ご登録くださった方にメール講座をプレゼント中です。