5月は転職のご相談を受けることが多かったな。

この記事でも書きましたが、私は基本的に積極的に転職を勧めることも、逆に反対することもありません。

「嫌ならやめろ!」と安易に言う人に相談してはいけない

 

ただ、転職に夢を見すぎている人には、現実を知ってもらうようにはしています。

転職をしたらすべてがバラ色、悩みは全部解決すると思っている人も多いようですが、それはただの妄想だし、そんなことはありません。

 

転職したらすべてがバラ色だと思っている転職して、やっぱり違った・・となる人、すごく多いんですよ。

大切なのは、転職するかどうかではなくて、自分が抱えている問題の本質はどこで、そのためにどうしなければいけないか?ですよ。

 

今の会社で出来ることは全部やった?

 

先日、転職のご相談にいらしたクライアントとこんな会話をしました。

 

クライアントクライアント

◯◯という理由で転職をしたいんです

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

それは、どうしても今の会社では達成できない?

クライアントクライアント

多分、無理です。前例がありません

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

会社に交渉してみた?

クライアントクライアント

してません

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

もし、会社が認めてくれたら辞めなくてもいいの?

クライアントクライアント

はい

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

だったら、まずは会社と交渉だよね

 

この会話は特別でも何でもなく、転職相談のクライアントとよくする会話。

もうこんな会社にはいたくない!って言う人は、ごく稀なのです。

 

今の会社で不満が解消されるなら、そのまま続けたいと思っている人がとても多い。

そして、そんな人に「会社と交渉した?」と聞くと、たいてい「していません」と答えます。「なぜ?」と聞くと、「無理だから」「前例がないから」と答えるんですね。

 

でも、「前例がない=これからも無理」ということではないですよね。

もしかしたら、あなたが交渉することによって、会社の前例が変わるかもしれないわけです。

 

言ってみなければ分かりません。

もし言ってみた結果、やっぱり認められなかったとしても、「あぁ、やっぱりな」で終わりますよね。

 

それを「無理だ」「前例がない」で終わらせてしまうのは、もったいないです。

転職そのものに良い、悪いはないけれど、しなくて良い転職なら、わざわざしなくてもいいんじゃない?

 

だから、まずは今の会社で出来ることは全部やったのか?

無理とか、無駄とか前例がないとかで、やらずに終わらせていることはないか?

 

それを考えてみてください。

やることをやってから、転職を考えても遅くはないですよ。

 

本当の問題はどこにあるのか分からなければ、同じことを繰り返す

 

短期間で転職を繰り返す人っていますよね。

私もそんな時期がありましたので、人のことは言えません。

 

そういう人は、本当の問題がどこにあるのかに気づいていないことが多いのです。

 

「今の会社がイヤだ!きっと他の会社に移ったら、今までのことはリセットされるに違いない」

 

残念ながら、そうは問屋がおろしません。

解決していない問題は、どこまでもついて回ります。そのことに気づかないから、「あれ?ここも違った」「やっぱりこっちかもしれない」と短期間で転職を繰り返すことになるわけです。

 

今がいくら売り手市場とは言え、短期間で転職を繰り返せば、どんどん転職難易度はあがります。

そして、今の売り手市場がいつまで続くかも分かりません。売り手市場でも転職難易度があがっているなら、買い手市場になったら・・言わずもがなですよね。

 

転職したい!と思ったら、「なぜ?」を考えることが大事

 

なぜ、転職したいんだろう?

それは、転職しないと解決しないことなんだろうか?

転職すれば、本当に解決するのだろうか?

自分がやれることはないのだろうか?

本当に会社だけが悪いんだろうか?

自分自身の物事の捉え方を変えることで、うまくいくことはないのか?

 

一度、じっくりと考えることをオススメします。

そして、「やっぱり転職することが一番良い」と感じるなら、その時に転職活動を始めたら良いのです。

 

転職は働く人にとっての権利です。

新しい環境でどんどんチャレンジすることは、良いことだとも思います。

でも、転職をユートピアか何かだと思っているなら、それは違いますよ。

 

こんなはずじゃなかった・・とならないためにも、自分がなぜ転職したいのか、それは転職しないと解決しないことなのかは、しっかり考えてくださいね。

 

どうしたら良いのか迷い続けている人は、いつでも相談にいらしてください。

初回限定60分体験セッション