年明けから3月ぐらいまでは、転職に関する相談が増えますね。

去年もこの時期は、「キャリアの棚卸しセミナー」を実施して、転職を考えている方が参加してくださっていました。

 

転職の悩みって、それはそれはたくさんあるのだけど、その中でも特に心が折れるのが、

 

転職先がなかなか決まらない

 

という悩み。

これは、本当に心が折れますよね。

1社、2社ぐらいなら、「まあ、仕方ないか」と思えるけれど、それが重なってくると、どんどんモヤモヤが心の中に溜まっていき、最後は

 

もうどの会社も自分を必要としてくれないんだ・・・

私なんて、もうどこからも要らないって言われるんだ・・・

 

ここまで自分を追い詰めてしまうことも。

私もリーマンショックで会社都合の退職後、3ヶ月間仕事が決まらなくてね。

 

それまで、どんなに転職をしても「仕事が決まらない」という不安を抱いたことがなかったので、それはそれは落ち込みましたよ。

 

「あんなに働いてきたのに、もう要らないって言われるんだ」

ベッドの中で毎日泣いていました。

 

あまりの落ち込みぶりに友人が心配して、こまめに連絡をくれたり、連れ出してくれたりしたほど。

 

そんな経験をしたからこそ、思うこと。

 

『転職は恋愛と一緒で、独りよがりではうまくいかない』

『焦れば焦るほど、うまくいかない』

 

あまりにも必死だと、企業は引いてしまう

 

私は転職活動は、恋愛や婚活と同じだと思っています。

ひとことで言ってしまえば「ご縁」です。

 

恋愛も婚活も、「恋人が欲しい!」「結婚相手をどうしてもみつけたい!」って目を血走らせて、鼻息が荒い時って、良いご縁もないでしょ?

 

だって、怖いもんね(笑)

 

初対面の人から必死でアピールされたら、あなたはどうしますか?

「わっ、素敵!」と思う人もいるかもしれないけれど、多くは、「いやいや、まだお互いのことを知らないのに、そんなに前のめりでも・・」って思いませんか?

 

転職活動でも同じです。

もちろん、転職活動において、一生懸命さは大事だし、熱意を伝えることも大事です。

 

でも、あまりにも必死だと「あぁ、余裕がないんだな」と判断されます。

「仕事で焦ったときも、こんな風に余裕がなくなって冷静な行動を取れなくなる人」と思われてしまうのです。

 

実はこの焦りって、応募書類にも表れるんですよ。

ちょっと感覚的な話になってしまうのですが、焦っているエネルギーがヒシヒシと伝わってくる。

 

もちろん、面接で話をすれば、すぐに分かります。

転職先が決まらない時ほど、冷静さが必要なのです。

 

どこでもいいという気持ちが、ハズレを引く

 

ここでいうハズレとは「あなたに合わない」ということです。

 

誰でもいいから付き合いたい!

誰でもいいから結婚したい!

 

そういう人いますよね。とにかく付き合ってしまえば、結婚してしまえば、それで全てがうまくいくと思っている。

 

でも、違いますよね。

誰でもいいから付き合う、誰でもいいから結婚する、かなりの確率で後悔します。あなたが誰でもいいと思っているということは、相手からも誰でもいいと思われているということ。

 

会社も一緒です。

「とりあえず、どこでもいいから・・」という会社に対する気持ちは、「誰でもいいから・・」という会社の気持ちを引っ張ってきます。

 

仮に転職先が決まっても、多くの場合、うまくいきません。

転職して数ヶ月で、「やっぱり転職しなければ良かった。何とか元の会社に戻れないだろうか」と後悔している人、たくさんいますよ。

 

実は私もそのひとりでした。

私の場合は、会社都合だったし、元の会社が好きではなかったので、出戻りすることは1mmも考えなかったけれど、焦って決めた会社はあまりにも合わずに10か月で退職しました。

 

転職先が決まらないと、ゴールが「転職先を決めること」になってしまいます。

でも、違いますよね。

 

結婚と同じで、転職先を決めることはスタートでしかありません。

“転職先で働く”ということがスポッと抜けてはいませんか?

 

とりあえず、どこでもいいから!と思っているなら、一度、立ち止まって考えてください。

 

私はどういう会社で働きたいんだろう?

私はどういう仕事をしたいんだろう?

私はどんな会社にどんな貢献ができるんだろう?

私はどんな強みがあるんだろう?

 

次の転職は、長く働けるところにしたいと思うのであれば、絶対に「どこでもいい」はダメですよ。

 

やむを得ない場合以外は、先に仕事を辞めてはいけない

 

私のように「宵越しの金は持たぬ」精神の人は、先に仕事を辞めてはダメです。

 

転職活動が長引いて焦り始めるのは、「私は必要とされないんじゃないか」という気持ちもあるけれど、「お金がなくなる」恐怖に苛まれるからです。

 

貯金があれば問題ありませんが、そうじゃなければ死活問題です。

 

失業保険があるじゃないか・・と思うかもしれませんが、特別な理由のない自己都合退職は、待機期間あるので支給まで、だいたい3か月かかります。

さらに、失業保険の額も一人暮らしだと充分とは言えないんですよね。

 

だから、会社都合で、とか身体を壊してしまいそう、とかやむを得ない場合以外は、次の仕事を決めてから退職した方が良いです。

 

中途採用をしている企業は、現職の候補者に内定を出しても、すぐに来られないことは分かっています。

だいたい内定から1か月ぐらいはかかるだろうと思っています。

 

だから、内定が出た後に「待って欲しい」といえば1か月は待ってくれます。

会社によっては3か月ぐらいでも待ってくれるところもありますから、聞いてみたら良いのです。

 

カウンセラーやコンサルの中には

 

嫌なら辞めたらいいじゃない

辞めたら、何とかなるもんだよ

 

と言う人もいますが、無責任だなって思いますよ。

その言葉を信じて会社を辞めて、転職先が決まらなかったとしても、カウンセラーもコンサルも責任はとってくれません。

 

自分を責めることだけは絶対にしない!

 

転職活動がうまくいかないと、自分をどんどん責める気持ちになるけれど、絶対に責めてはダメです。

 

うまくいかなくて落ち込むのは誰にでもあるし、から元気を出しなさい!とは言いません。

でも、自分を責めて自信をなくせばなくすほど、やっぱりご縁は遠くなります。

 

自分に自信のなさそうな人

自分を責めてばかりいる人

 

お付き合いしたいとも結婚したいとも思いませんよね。

それと同じですよ。

 

転職活動がうまくいかない=自分は必要とされない

 

これは絶対に違います。

受けた会社と自分との縁がなかったか、アピールの仕方を間違っただけです。

 

私はいつも、起業だけが働き方じゃないと言ってますが、逆もまたしかり。

会社で正社員で働くだけが、働き方じゃありません。

 

自分自身を責めるのなら、どんな働き方が一番良いのか、それを考える時間に変えるようにしてくださいね。