時間管理はバッチリ。

スケジュールに余白があるのがイヤで、予定がビッシリ入っているのが幸せ。

とにかくムダなことが大キライで、効率化第一。

 

何でも最短距離で、寄り道もせず、ゴールまで一直線。

 

こういういった人が「仕事ができる人」と思われるフシがありますよね。

本屋の仕事術コーナーを見ても「時間管理」や「効率化」がテーマの本がたくさんあります。

 

会社の視点で見れば、短い時間で効率よく仕事を進めてくれる人は、とっても重宝します。

だけど、”自分らしい”働き方をしたい、理想のキャリアを作りたいなら、ムダや余白を排除するのは、オススメしませんよ。

 

ムダを排除すると視野はどんどん狭くなる

 

人生って、思い通りにいかないことが多いですよね。

あなたが「これだ!」と思っていても、順調に進むとは限らないし、誰かに邪魔をされるかもしれない。

 

ムダを極端に排除すると、思い通りに物事が進まなかった時、あっという間に余裕がなくなるんです。

そして、うまくいかないことに対してイライラし始めます。

イライラすることで、視野も狭くなるし、周りへの対応も横柄になる。

すると、さらに物事は思ったように進まなくなる。

 

悪循環ですね。

本来は、目指すものがあったはずなのに、「自分の思い通りに進めること」に目的がすり替わってしまう、というのもよくある話。

 

言葉の意味としては、ムダって「役に立たないもの」だけれど、あなたの人生やあなたの働き方の中に「役に立たないもの」ってあるのかな?

 

もし、あるとするなら、あなた自身が「これはムダで、何ひとつ役に立つことがなかった」と決めた時。

 

これはいらなかった。これは必要なかった。

 

経験することで気づくことはたくさんあるし、それに気づいたなら「ムダ」ではないと思うのです。

 

ムダをとことん排除するって、「経験」「体験」の幅を狭くするということ。

経験や体験の幅を狭くすると、おのずと視野も狭くなります。

 

視野が狭い状態で、自分の理想のキャリアを作る。

考えただけで、うまくいきそうにありません。

 

余白のないところに、チャンスは生まれない

 

余白がない=遊びがないってことは、もうそれ以上は何も持てないということですよね。

 

例えば、スケジュールをビッシリ埋めた後に、思わぬチャンスが飛び込んできたらどうしますか?

もう、どこにも入れる隙間がありません。

 

諦めますか?

でも、諦めたら同じチャンスはやってこないかもしれません。

 

スケジュールを調整しますか?

でも、調整している間に、誰か他の人がチャンスを掴むかもしれません。

 

余白がないというのは、両手いっぱいに荷物を抱えているのと同じこと。

両手いっぱいに荷物を抱えていたら、新しいものを手にできないですよね。

 

そして、余白がない人って、周りから見ていると余裕がないように見えるんです。

いつも一生懸命といえばその通りなんだけど、いつも何かに追われている感じ。

時間を管理しているというより、時間に管理されている。

 

余裕がない人、追われているように見える人に、「新しいことをお願いしようかな」とは、なかなかなりません。

だって、申し訳ない気持ちになるもの(笑)

余裕がない人に仕事をさらにお願いする、鬼上司にはなりたくない!

 

スケジュールを立てる時は、2割ぐらいの余白を作ることを意識すると良いです。

2割の余白があれば、何にでも対応できますよ。

 

うまくいかないことがあっても、2割の余白を作っておけば、そこで吸収することができる。

新しいチャンスがやってきた時も、2割の余白があれば、「やります!」と手をあげることもできる。

何もなくても、2割の余白をあなた自身のメンテナンスに使うこともできる。

 

余白って本当に大事です。

 

人の魅力はムダと余白があってこそ

 

あなたが魅力的だなーって思う人はどんな人ですか?

こんな人だったら協力したいな、力を貸したいなと思う人はどんな人ですか?

 

ちょっと思い浮かべてみてください。

思い浮かべた人は、完全無欠な人ですか?ムダや余白のない、いつもきっちりした人ですか?

 

私が魅力的だと思う人は、どこかに「抜け」がある人。

協力したいな、力を貸したいなと思うのも、やっぱりどこかに「抜け」のある人。

 

完全無欠な人、いつもきっちりした人は、息がつまりそうで(笑)

それに、余計なことをしたら怒られそうだし、緊張を強いられそうで、できれば距離を置いてお付き合いしたいです。

 

きっと、私と同じように考える人も多いんじゃないかな?

 

音楽も一緒ですよね。

休符がない音楽はありません。最初から最後までサビだけの曲もないはず。

 

休符ってムダだから、全部なくしちゃえ!

サビだけの曲の方が盛り上がるから、それ以外のメロディはいらないよね!

 

もし、そんな曲があったら、きっと聞いている方は疲れてしまいます。

そして、人の心を動かすことはできないと思います。

 

ムダや余白があるからこそ、人はそこに魅力を感じるのです。

”自分らしく”働く、理想のキャリアを作る、それには周りの人からの応援や協力が必要不可欠です。

 

ということは、周りから応援したい、協力したいと思ってもらえる、魅力的な人になることは大切なことですね。

 

それでも、ムダや余白を一切排除しますか?

効率化だけを追求しますか?考えてみてくださいね。