「他の人みたいに役に立てないんです」

「仕事が出来なくて、みんなに迷惑をかけている気がします」

「私がいない方が会社のためになる気がします。でも、仕事も会社も大好きだし、辞めたくないんです」

 

どれも、私が相談を受けてきたことです

読んでいる方の中にも、同じお悩みを抱えている人がいるんじゃない?

 

中には、先輩や上司から「◯◯さんはよくやっているね」と評価されているのに、「まだまだなんです」とか「私に気を使っていってくれてるだけなんです」と一生懸命に否定する人もいます

 

結論から言っちゃうと

 

気にしすぎ!

 

私が相談を受けてきた人たちも、全員気にしすぎでした

「役に立たない」って思っている人ほど、ちゃんと役にたっているのよ

逆に「もうちょっと、しっかりせい!!!」と言いたくなる人の方が、自分は大丈夫と思っていたりする

 

でも、悩んでいたら「気にしすぎ」と言われても、どうしていいか分からないし、「私はこんなに悩んでいるのに」と余計に落ち込んでしまいますよね

 

「自分は役に立てない」

「仕事が出来なくて、みんなに迷惑をかけている気がする」

 

理由はいくつかあるんだけれど、今日はその中でも、一番多い理由とその対処方法を書きますね

 

「役に立たない」と思い続けると、本当に「役に立たない人」になる

 

『自分のできないところに目が向いてしまう』

 

これが役に立てないと悩む人が一番陥りやすいパターンです

 

根がマジメで一生懸命な人が多い、私のクライアントさんたちも、このパターンに陥りやすいです

 

最近の主流である、「手っ取り早く」「簡単に」とは逆に、コツコツ積み重ねていく人

 

だから、「仕事で役に立てたと思うところはないの?」と聞くと、「あんまり・・」と答えます

「褒められたり、評価されたりしたことは?」と聞くと、「◯◯は褒められました。でも・・」と必ず「でも」が付くのね

 

逆に自分がうまくいかなかったことを聞くと、こちらがビックリするぐらいに次から次へと出て来るのです

自分の意識が「自分は役に立っていない」にフォーカスしているのです

 

自分が役に立ってないと思うぐらいならいいじゃない!と軽く見たらダメです

 

「自分が役に立っていない」にフォーカスすると、脳は「役に立たない」を叶えようと一生懸命働きます

ということは、「自分が役に立ってない」と思えば思うほど、口に出せば出すほど、「役に立たない」という現実が目の前にやってくるということ

 

それに、「私なんて役に立てません」という人に仕事を頼みたいと思いますか?

私だったら頼みたくないです

自分が成長するチャンス、新しいことに取り組めるチャンスも失ってしまうんですよ

 

新しいことに取り組めず、成長することもできず・・・

最後は本当に「役に立たない人」になりますよ

 

毎日10個「できたこと」をノートに書き出す

 

とにもかくにも、「自分が出来ること」「自分が出来たこと」に目を向けるところが第一歩

私のクライアントさんは、ほぼ、全員このステップから始めています

 

やり方は簡単!

  1. お気に入りの(←ここ、すっごく大事)ノートと筆記用具を準備
  2. 毎日10個自分ができたこと、やれたことを書く

 

たったこれだけ

できれば時間(5分とか10分とか)を決めて、その時間内に書くといいですね。10個書けなくても気にしない!

やり始めたら分かるけれど、最初はなかなか書けないんですよ〜

クライアントさんからも、「3つしか書けません」「書ける日と書けない日があります」と言われますが、はい、それでいいんです

 

どんなに些細なことでも、できたことはできたこと

 

コツは、”小さなことでもできたことはできたこととして数える”こと

 

例えば、『遅刻しないで会社に行った』

えっ、当たり前じゃないと思うかもしれません

でも、会社をキョロキョロ見渡してみて。遅刻常習犯はいませんか?大きな遅刻じゃなくても、毎日1〜2分遅れてくる人はいませんか?

 

ほら、『遅刻しないで会社に行く』もちゃんとできたことですよね!

 

自分ではこんなの当たり前

社会人としては常識

 

そんな気持ちが頭をよぎるかもしれませんが、全部無視です!

 

まずは3日、それができたら3週間、「気軽に楽しく」続けてみる

 

物ごとは3の倍数で考えると良いと言われます

だから、まずは3日間やってみる

それができたら3週間、それを過ぎたら3か月続けてみてください

 

途中、サボった日があっても大丈夫

マジメな人は、1日サボると「もうダメだ」とか「続かない私は」と思ってしまいがちなのですが、気にすることはありません

 

また、次の日から始めればいいだけです

とにかく「気軽に楽しく!」続けてください

 

もちろん、書いてすぐに効果が出るわけではありません

早い人だと1か月、時間がかかる人で3か月続けたら、自分の変化に気付きます

 

「気付いたら、自分に自信が持てるようになりました」

「今までは褒められても、”私なんて”と思っていたけれど、そう思わなくなりました」

「私って意外と”役に立っている”と思えるようになりました」

「落ち込むことがあっても、このノートを見ると”頑張ろう”って思えるし、救われます」

 

できたことノート(クライアントさんと私の間でそう呼んでいる)を続けたクライアントさんたちからのコメントです

 

私が「お気に入りのノートと筆記用具を用意してくださいね」と言ったのも、ノートを見た時に自然と気分が上がるようにしたかったから

気分が上がれば、書くのも見るのも楽しくなりますよね

 

自分らしく働きたいなら、「できる自分」をイメージすることが大事

 

「自分は役に立たない」にフォーカスすると、本当に「役に立たない」自分になりますと書きました

それに、「自分は役に立たない」と思っていたら、自分らしく働くこともできません

いくら「自分らしく働きたい」「遊ぶように仕事をしたい」と思っていても、その次には「でも、私なんて・・・」「どうせ私なんて・・・」という言葉が続きます

 

自分らしく働きたいと思うなら、「できる自分」をイメージすること

そのためにも、ぜひ、できたことノートをやってみてくださいね

 

できたことノートも含め、もっと自分にあった土台作りをしていきたいと思うかたは、ぜひご連絡ください

「どうせ役に立たない」なんていう思い込みは、2017年で終わりにしましょう

自分らしく働くための土台構築コース


“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。