上司が頼りない

上司があてにならない

もっと上司がこうだったらいいのに・・

 

上司に不満を持っている人って、きっとたくさんいますよね。

私も、上司に山ほどの不満を持っていたし、私が上司の立場だったときは、きっと部下は私に山ほどの不満を持っていただろうし。

 

今も、クライアントから上司の不満を聞くことが多いです。

共通するのは、「上司とは、こうあるべき」という理想が自分の中にある、ということ。

 

理想の上司像と実際の上司を比べて、不満が出てしまっているんですよね。

 

でも、本当は上司とは円滑な関係を築きたい。

そりゃ、そうです。建前では何とでも言えるけれど、実際のところ、上司との関係がうまくいかなければ、仕事はやりにくいし、高い評価を得ることも難しい。

 

だから、上司が変わってくれたらいいのに・・と思うわけです。

 

ただね、上司に自分の理想を乗せれば乗せるほど、残念ながら、上司との関係は悪化していきます。

 

管理職はただの役割。完璧な人間が管理職になるわけではない

 

まだ自分が管理職ではなかった頃、管理職とは「優秀で、人としても出来た人」がなるものだと思ってました。

 

ところが、自分が管理職になって、優秀でも人として出来た人でもない、ということがよーくわかりました。

 

単に「役割」なんですよね。管理職って。

 

「営業」とか「人事」とかと一緒。そこに「課長」とか「部長」とかの役割が付け足されただけなんです。

管理職の側も、勘違いしている人が多いのだけれど、役割を与えられただけで、別にエライとか完璧とかってことは、一切ありません。

 

それを管理職だから優秀。管理職だから出来た人だと思ってしまうと、「全然違うじゃないか!」と不満が溜まっていってしまうのです。

 

管理職は絶対に答えを知っている・・・はずはない

 

この誤解も多いのですが、「管理職は絶対に答えを知っている」と思っているなら、その考えは今すぐ改めましょう。

 

高度成長期の時代であれば、管理職は正しい答えを知っていたかもしれません。

それは、過去の経験から「こうすれば、こうなる」という予測を立てることが簡単だったから。

 

でも、残念ながら、今の時代は違います。

変化のスピードがものすごく早くて、極端なことを言えば、昨日の常識は今日の非常識。いつまでも同じやり方が通用しないんですよね。

 

そして、絶対の正解がない分、予測を立てるのも難しいんです。

上司自身が経験したことがないことも、たくさんあるってことです。その中で判断をくださないといけないんだから、外れることだってありますよ。

 

だけど、部下からすると、『上司は正しくあるべき』『上司は正解を知っているべき』というのがあるから、上司から「分からない」と言われると、「上司なのに頼りない」と思ってしまうんです。

 

でもね、管理職が全ての答えを知っている・・なんてことは、絶対にありません。

もしも、管理職が全ての答えを知っているなら、経営判断を誤って倒産する会社は、なくなるはずですよね。

 

 管理職も、ただの「ヒト」である

 

今、管理職になりたがらない人が増えている、と言われています。

その原因を考えると、やっぱり「上司とはこうあるべき」が強すぎることが、要因のひとつじゃないかと思うわけです。

 

自分が上司に対して、「完璧であるべき」「成果を知っているべき」と思っているなら、当然、自分が上司の立場になったら、それを求められるわけだよね。

 

自分にそんなことはできない。自分にそんな責任は取れない

 

そう思う気持ちが、管理職を敬遠することにつながっているんじゃないかな。

でもね、管理職も単なる「人」です。

 

管理職と言う役割に「役割手当」が付いているだけで、別にその人自身がエライわけでも、すごいわけでもありません。

(ここを勘違いしている、残念な管理職も山ほどいるのだが・・)

 

そこに部下側の「理想」を乗っけられると、上司は息苦しくなるんです。

しかも、部下によって上司に求める「理想」は違うわけで・・

 

それらを全部満たせるはずはありません。

逆に部下が上司に理想を乗せれば乗せるほど、上司は自分の良さが発揮できなくなります。

自分の良さが発揮できなければ、当然結果はついてこないし、結果がついてこなければ、さらに部下の見る目は厳しくなるし・・・

 

まぁ、悪循環です。

 

自分のことを批判的に見る部下は、上司の立場から見ると目障りだし、鬱陶しいし、できるだけ関わりたくない。

 

はい、さらに悪循環です。

残念ながら、上司に自分の理想を乗せれば乗せるほど、上司は理想から遠ざかっていくし、上司との関係は悪化していきます。

 

「良い上司」になって欲しいなら、自分が上司を育てるていこう

 

管理職になったら、すぐに管理職として振る舞えるわけじゃありません。

上司になったら、すぐに上司としての立ち居振る舞いが、身につくわけじゃありません。

 

いくら、「こういう上司でありたい」「上司とはこうあるべき」と思っていても、すぐにそういう行動ができるわけじゃないんですね。

 

しかも、全員が管理職としての適性があるか・・と言われると、残念ながらそうじゃないことも多いです。

本人は、「管理職なんてなりたくなかった」と思っているかもしれません。

 

だから、部下が上司を育てるんです。

 

こんなことを言うと、「自分たちよりもお給料をもらっているのに、何で、育てなきゃいけないの?」って言われそうだけれど。

 

上司のために上司を育てるんじゃないんです。自分が仕事をしやすくするために、上司を育てるんです!

 

上司とはこうあるべき!

管理職なら、これが出来て当たり前!

 

いくら文句を言ったところで、上司は変わらないし、変わらない上司を見て、ますます不満が溜まるだけ。

それって、自分自身のやる気も、どんどん削がれていきますよね。

 

だったら、ちょっと発想を変えてみたらどうでしょう?

 

上司が力を発揮しやすいようにサポートする。

上司が苦手なところはカバーする。

上司にしてほしいことは、気付くのを待つのではなくて、「こうして欲しい」とハッキリと口に出してみる。

 

言葉は悪いけれど、上司を手のひらの上で上手に転がすんです。

それで上司が管理職として成長してくたら、仕事はやりやすくなりますよね。

 

それに、もしも、「あー、やっぱりこの人はダメだ」と思う上司だったとしても、自分が上司を育てるために取った行動はムダになりません。

 

それを見て、今度はあなた自身が抜擢されるかもしれないし、転職する時のアピールポイントとして使うこともできます。

自分の新しい強みに気付くかもしれませんよね。

 

変えられないことに意識を向けて、毎日文句を言いながら過ごすのか、自分が変えられることに意識を向けて、さっさと動くのか。

選ぶのは、あなた自身ですよ。