blog執筆者

 

初めまして。古賀ちぐさです(@LibertyWoman2

 

私の発信に興味を持ってくださってありがとうございます。

ここでは、少し私自身のことをお伝えしようと思います。サラリとでも読んでいただけると嬉しいです。

古賀ちぐさプロフィール

元ベンチャー企業の人事管理職。OL歴23年、人事歴12年

OL生活のほとんどを、スタートアップ/ベンチャー起業で過ごし、社長の「古賀ちゃん!明日から、◯◯やってね」のひとことで、ありとあらゆる仕事をする。

 

人事の中でも人材採用/人材開発が得意分野で、1000名以上の面接および200名以上の人事面談を実施。フリーになってからは、企業で働くOLを中心に、キャリアコンサルティングおよびキャリアセミナーを行う。

 

特に「仕事が好き」「人の期待に応えるのが好き」という、いわゆる『バリキャリ』女性からの支持が高く

 

  • 今まで誰にも相談できなかったことを相談できた
  • 気づいたら、ホンネで話をしてしまった
  • 安易に共感したり励ましたりしないから、すごく信頼できる

 

などのコメントをいただいている。

 

2017年4月より、フリーでキャリアコンサルティングを実施する一方、一部上場企業の非常勤として、組織開発コンサルティングやコミュニケーション研修講師としての仕事にも携わる。

 

非常勤ながら、指名で仕事を依頼されることも多く、組織開発の分野においても、着実に信頼と結果を積み重ねている。

 

ネガティブで繊細で人見知り。

でも仕事に対しては厳しくて熱い。夢見がちなリアリスト。

 

●2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)

●セミナー講師

●ODコンサルタント

※OD(Organization Development)とは組織開発の訳語のこと

 

1970年11月生まれ。さそり座の女

東京都港区生まれ、埼玉県育ち、現在東京都内在住

国立音楽大学教育音楽学部教育音楽学科第I類卒業

 

□趣味:熱帯魚鑑賞、読書

□特技:ピアノ・・と言いたいところだけれど、人から本音を聞き出すこと

□好きな映画:プラダを着た悪魔、名探偵コナンシリーズ、バーフバリ

□好きな本:源氏物語

□好きなマンガ:名探偵コナン、天は赤い河のほとり、あさきゆめみし

□好きな言葉:「止まない雨はない。明けない夜はない」「なるようにしかならない」

□エニアグラム:タイプ2(ウィング3)

□ストレングスファインダー:未来志向、共感性、個別化、達成欲、最上志向

仕事をして認められる自分が好きだった

私はOL時代、自他ともに認めるワーカーホリックでした。

どれぐらいのワーカーホリックだったか?

 

普通に残業している時は80時間、多い時には100時間超え。時に200時間を超えたりも。

週に2〜3回は終電間際もしくは終電を逃す。

今だと完全に「アウト」ですよね(笑)

 

だけど私にとっては、そんな生活が当たり前だと思っていました。

それぐらい仕事が楽しかったのです。

プライベートよりも仕事。

仕事をするためにプライベートを犠牲にするのは仕方がない。本当にそう思っていました。

 

振り返ると仕事はもちろん好きだったけれど、仕事をして「認めてもらえる自分」が嬉しかったし、誇らしかったのだと思います。

元々、承認欲求が強すぎて自意識過剰でもあったので、それを仕事にぶつけていたのでしょうね。

 

そして私と同じように仕事することを周りに求めていた時期もありました。

部下から見たら「あり得ない」ですよね(笑)

今なら私も「あり得ない!」と思います。

 

だけど当時は私と同じようにやるのが当たり前、私と同じようにできるのが当たり前だと本気で思っていました。

当然周りはついてきません。

 

私はどんどん意固地になって、より自分だけで仕事を抱えるようになっていく。

部下を持ち始めた時は、とにかく辛くて仕方がありませんでした。

眠れないままベッドで朝を迎えるほど、悩み続けたOL時代

仕事は減らない

部下は思ったとおりに動いてくれない

 

毎日ものすごく悩んできました。

それこそ眠れないまま、ベッドで朝を迎えたことも数知れず。

「朝なんて来なければいい」「このまま記憶がなくなったらいいのに」と思いながら夜を過ごしていました。

 

  • 誰かに相談したら「仕事ができない」と思われるんじゃないか
  • 「やっぱり女性は・・」とは絶対に言われたくない
  • 私のことを理解してくれる人なんて誰もいない

 

本気でこんな風に思っていたんですよね。

今思えば、きっと私が心を開けば聞いてくれる人はたくさんいたし、親身に相談に乗ってくれる人もいたと思うのです。

 

だけどそれができなかった。

結局私はほとんど誰にも相談することなく、本を読んだり試行錯誤したりしながら、メンバーとの向き合い方や仕事の仕方を変えていきました。

 

その合間には占いにハマったり、キラキラ起業女子界隈に片足を突っ込んだり、たくさんの失敗も・・・

その頃のことを「黒歴史」だとは思わないけれど、浅はかだったなーとは思うかな。

 

あの頃の私に会ったら、

「そんなに肩肘はらなくても大丈夫。助けてくれる人はたくさんいるし、あなたの気持ちをわかってくれる人もいるよ」

と言ってあげたいですね。

バリキャリほど誰にも話をできない

私がバリキャリさん向けにサービスを提供するのは、私自身がそうであったように、バリキャリさんほど、誰にも話をしないから。

 

周りからはバリバリ働いて仕事ができて、「すごい」と言われても、心の中で「何かが違う」と思っている人はたくさんいますよね。

弱音だって吐きたいし、愚痴だって言いたい。

 

だけど言えないんですよね。

言ったら精一杯強がっている自分が崩れてしまうような気がするから。

弱みを見せたら、負けてしまうような気がするから。

 

「わかるー」なんていう安易な共感もダイキライ

「あなたに何がわかるの!!!」って言い返したくなる(笑)

 

全部私も通ってきた道です。

だけど本当は誰かに聞いて欲しいし、わかって欲しい。

 

女性活躍推進で「女性も働け!」「もっと輝け!」と言われるけれど、言うばっかりで実は女性へのサポートって、まだまだ足りない。

 

ワーキングマザーに対しては少しずつサポートが増えているけれど、仕事を頑張りたい、バリバリ働きたいと思う女性は置いてきぼりになっているなーと感じます。

 

「そんなに仕事ばっかりしてどうするの?」

 

こんなこと言われたら、相談したくてもできないよね。

その気持ちを知っているからこそ、私がやろうと決めました。

信頼できる人に相談することは魔法をかけられること

バリキャリさんは、何でも自分で解決しようとしがち。

 

もちろんそれも悪いことじゃない。

だけど他人の力を借りると、驚くほどあっいう間に眼の前が明るくなるんです。

 

それはまるで魔法をかけられたかのよう。

たった1回90分話しをするだけで、見違えたようになることも少なくありません。

 

  • 自分がモヤモヤしていることは何?
  • そうなってしまう本当の原因は?
  • 本当はどうしたい?
  • それをするためには、まず何からやってみる?

 

答えは誰しも自分の中にあります。

それを「古賀ちぐさ」という他人を使って、見つけていくのです。

 

安易な共感もしないし、必要以上に寄り添ったりもしません。

ただ必要なことは全部伝えますし、時にはキビシイことも言います。

 

だけど真剣に仕事に向き合っている人、仕事を大切にしたい人には、最後までサポートします。

いつでも話をしにいらしてください。

 

シンデレラに魔法をかけた魔法使いのおばあさんのように、いつでも「あなたらしく」働ける魔法をかけるのが私の仕事だと思っています。

SNSでの発信

★Facebook(libertywoman2015)

★Twitter(@LibertyWoman2

★note(https://note.mu/libertywoman