自分の身近にはロールモデルになるような女性がいないんです

 

会社の女性の先輩を見ていると、あんな風になりたいと思えないんです

 

20代後半〜30代前半のOLさんから

よく相談される内容です

 

そんな相談を受けた時、私はこう言います

 

ロールモデルなんていらないよ!

 

ロールモデルを作ろうとするから、身動きできなくなる

 

ロールモデルって、簡単に言えば自分が目指したい姿ですよね

 

お手本になる人とも言えます

 

OL時代、「古賀さんみたいになりたいです。どうすればなれますか?」と言ってくれる部下がいました

 

ワーカーホリックで、100時間超えの残業は当たり前

繁忙期は週に3回は深夜2時、3時まで働いてタクシーで帰宅

30代まで、そういう生活が出来るなら、私みたいになれるよ

 

と言ったら、「無理です・・」ってドン引きされました(笑)

普通の回答ですよ。

もし、やります!って言われたら、私が全力で止めてるわ

 

今振り返ると、こんな働き方をしないと終わらないほど仕事抱えてたって、どう考えてもおかしいよね

(当時は、人に仕事を任せるという考え方が出来なかった・・)

 

だけど、私はこんなやり方しか出来なかったし

こういうやり方で、今の私が作られたのです

 

私みたいな仕事の仕方なんてしたくないでしょ?

ロールモデルがいないと嘆く人って、昔の私の部下と一緒なの

 

誰かをそっくりそのままマネしようとして、「私には出来ない」「私が目指した人がいない」と言う

 

そりゃ、そうでしょう

その誰かは誰かで、あなたはあなた

 

挙句、ロールモデルがいないから

どんな風に働いていいか分からないと・・

 

おかしいでしょ?

自分の働き方や自分が目指す姿は、自分で決めるんだよ

 

ロールモデルが自分の働き方を決めるわけじゃないし、ロールモデルが自分の目指す姿じゃないのです

 

ロールモデルがいないと成長できないのか?

ロールモデルがいると、その人のやり方を模倣することで、自分の成長が早くなるって言われますね

 

だからこそ、「うちの会社にはロールモデルがいない」だの「女性が管理職になりたがらないのは、女性管理職のロールモデルがいないからだ」と言われるんだけど・・

 

私はウソだと考えています

私自身のOL人生の中で、「この人がロールモデルだな」と思った人はひとりもいませんし、今もいません

 

その時々で、憧れの先輩や尊敬する先輩はいたけれど、その人たちがロールモデルだったか?と言われれば、全然そうじゃなかった

 

でも、ロールモデルがいなかったから、自分が成長できなかったとは、全く感じていません

 

運良くロールモデルとなる人がいたら

その人から学べるところは学んだら良いです

 

身近にそういう人がいるというのは、大きな財産だから

 

でも、ロールモデルがいないから成長できないとか、管理職になりたがらないというのは、本人や会社の単なる言い訳じゃないかな

 

 

真似するのは「やり方」ではなくて「在り方」

 

もし、「古賀さんみたいになりたい」と言ってくれた部下が

 

「古賀さんの仕事に対する考え方を知りたい」

「古賀さんが仕事に向かう時の姿勢を知りたい」

 

そう質問していたら、私の回答も変わっていたはず

間違っても「残業100時間が当たり前」なんてことは言いません(笑)

 

社内の女性管理職は男性並みに働いている

自分はあんな風には働けない

あぁ、この会社にはロールモデルがいないんだ・・

 

そうではなくて、その女性管理職が仕事に対して、どんな意識や姿勢で取り組んでいるのか、それを聞いたり観察したりすれば良いのです

 

あの人のように、男性並みは働けないけれど、仕事に向かう姿勢は共感できる

 

そう思うのであれば、自分ができる働き方の中で

その姿勢をお手本にするには、どうしたらいいかな?って考える

 

 

お手本にするのは、仕事の「やり方」ではなくて、「考え方や姿勢、在り方」です

 

身近にいないなら、自分で作り上げればいい

 

考え方や姿勢、在り方すら参考にしたい人がいないなら・・・

 

そんな会社に勤めていて大丈夫?

というのはちょっと置いていて(笑)

 

自分で作ったらいいんじゃない?

会社によっては、女性がほとんどいない、というところもあります

そんな時は、男性社員でお手本にしたい人を見つけたらいいのです。

 

仕事のやり方はお手本にできなくても、考え方や姿勢ならお手本にできることがあるはずです

 

どうしても身近にいないなら、いないままでもいいんじゃない?

無理して探すものでもありません。

 

考え方や在り方をお手本にするなら

身近にいなくてもいいし、実在の人物である必要もないかもしれません

 

本や映画の中から探したってOKです

 

考え方や在り方って、自分が迷った時に、軸となるもの

ここがシッカリしていれば、途中で寄り道しても、必ず戻ってこられます

 

逆に言えば、考え方や在り方がグラグラしたまま

ロールモデルの「行動」だけを真似すると、

迷った時に元に戻ってこられなくなる

 

自分の軸がしっかりしているなら、ロールモデルなんていらないし、ロールモデルを作るなら、行動ではなく考え方や在り方をお手本にする

 

自分のキャリアを作るのも

自分らしい働き方を作るのも

自分にしかできません

 

ロールモデルがいないから、どう働いていいか分からないなんて、自分のキャリアを放棄しているのと一緒だからね!

 


 

“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。