レディー・ジェイン・グレイの処刑
ポール・ドラローシュ画

 

この絵を見たことがある方も多いかもしれないですね

上野の森美術館で開催されていた「怖い絵」展で展示されている絵画です

 

そして、私が昨日開催したセミナーの題材でもありました

もちろん、私が美術評論をするセミナーじゃないですよ(笑)

 

昨日開催したのは、「コミュニケーション力をアップする」ためのセミナー

セミナーでは、絵画を使って思考力とコミュニケーション力をアップする、VTS(Visual Thinking Strategy)という手法を使いました

VTSそのものは、京都造形芸術大学 アートコミュニケーション研究センターで連続セミナーが開催されていますが、私はキャリア形成や、実際の仕事に活かせるような内容にアレンジしています

 

コミュニケーションのズレその1:同じ物を見ているのに、見えているものは違う

 

最初に参加者さんに、今回題材として使う絵画(レディー・ジェイン・グレイの処刑)を印刷したものを渡しました

この時は、絵画のタイトルもどんな内容の絵かも一切お伝えしてません

ただ、絵だけを渡して最初のワークをやってもらいました

 

この絵をよーく見て、絵に何が描かれているのか見つけてください

 

脳トレ問題だと、絵の中に何か仕掛けのようなものがありますが、これは脳トレじゃないので、タネも仕掛けもありません(笑)

ただ、絵に描かれいているものを見つけるだけです

 

ひとりひとり、絵に何が描かれているかを見つけた後は、それを全員でシェア

 

レディー・ジェイン・グレイの処刑というタイトルを知っていた人も、この絵がどういう絵なのか、背景を知っている人もいなかったので、全員同じ条件です

一斉に配布された同じ絵を同じ時間見てもらって、何が描かれているかを見つける

同じ答えが出るのが当たり前と思うかもしれません

でも、これが全然そうはならなかったんですね

 

  • 白い洋服を着て目隠しされている女の人が描かれている
  • 赤いタイツを着た男の人が斧を持っている
  • 藁が敷かれれている

 

こんな風にパッと見て分かるものは、全員「うん、うん」って頷くんです

でも・・・

  • 赤いタイツの人の肩にはワッペンが付いています
  • 真ん中の男性の後頭部は髪の毛が薄いです

 

細かい部分になると、気付いた人と気付かなかった人に分かれてきます

はい!ここがコミュニケーションがズレる要因のひとつですね

 

同じ物を(今回は同じ絵画)を見ているのに、見えているものが違う

 

描かれているものは全員一緒です

でも、人は見たいものしか見ないので、「描かれているものが見えていない」ということが起こります

どれが見えていて、どれが見えていないかは、人それぞれなので分かりません

だから、「確認する」ということがとっても大事

 

ここにこういうものが描かれていますよね

あなたはここを飛ばしてしまったけれど、ほら、ここにはこんなものも描かれているんですよ

 

この作業を飛ばして「同じものが見えているはずだ」で進めるから、ズレるのです

昨日の記事でも書きましたが、「〜はず」が多ければ多いほど、コミュニケーションはうまくいきません

「伝わっているはず」「伝えてくれるはず」がコミュニケーション不全の原因

 

コミュニケーションのズレその2:全体像を共有していない

 

どんなものが描かれているかを一通りシェアした後、私はこう聞きました

 

ねぇ、誰も『この絵には5人の人が描かれています』って言わなかったけど、どうして?

 

誰も明確には答えてくれなかったけれど、一瞬、顔が「はっ」となったよね

これもコミュニケーションがズレる要因のひとつ

 

絵を見れば5人の人が描かれているのは一目瞭然なんだけど、全体像より先に細かなところに目がいってしまうのね

さらに参加者のお一人が

「『この絵をよーく見て』と言われたから、細部に目がいきました」と話してくれました

そう、伝える側のひとことで、物の見方が変わっちゃうのね

 

これってね、仕事を依頼する時によく起こるコミュニケーションのズレ

 

例えば、資料の作成を依頼するとします

仕事の依頼が上手な人は、必ず

  • その資料は何のために使うのか
  • 誰に向かって作るのか
  • どういう意味合いがあるのか
  • 何を重視して欲しいのか

仕事の全体像をきちんと説明します

フィードバックをする時にも、この点を確認しながら進めます

 

でも、仕事の依頼が下手な人は、全体像を共有しないんです

ただ、「◯◯の資料を作って」とだけ言うんですよね

何のために作るのかも、誰のための資料なのかも、きちんと説明してくれない。頼んだ本人ですら、それが分かっていないという致命的な場合も・・・

 

その資料の全体像を依頼する人と、依頼される人が共有出来ていない場合、何度作り直しても良いものはできません

そして、たいてい「あぁ、もう!誰かに頼んでもちゃんとやってくれない!!!自分でやった方が早い」となって、全ての仕事を自分で抱えるようになってきます

 

これは、若かりし頃の自分自身にも当てはまります

「どうして出来ないんだろう?」

「どうして言ったとおりにやってくれないんだろう?」

本気でそう思っていたし、自分のコピー人形が3体ぐらい欲しいと思っていましたね

でも、今振り返って考えてみると、やっぱりあの頃の私は、後輩や部下と「全体像」を共有してなかったんです

 

細かな部分が不要だとは言いません

でも、全体像が見えていない、共有できていない状態で細部の話ばかりをするのは不毛です

 

何だかズレているなと思う時は、全体像が共有できているか、同じ物が見えているかを確認してみてください

コミュニケーションって、絶対に面倒臭がっちゃダメです

「時間がない」と言って適当に済ます人も多いけれど、その後のリカバリーに時間と労力を費やすことを考えたら、最初に丁寧にコミュニケーションを取ることの方が、ずっと効率的だし効果的ですよね

 

VTSを利用したワークショップ、この後も参加者さんの「今、初めて知りました」「うまくいかなかったのは、◯◯が原因だったんですね」が続きます

 

長くなったので、いくつかの記事に分けて書きますね


”ゆるふわ”や”キラキラ”から抜け出して、どんな働き方を選んでも、

「遊ぶように仕事ができる」ようになるためのキャリア作りメルマガです。

キャリアとは人生そのもの

誰かのマネをするのは今日で終わりにして、「自分だけの」自分らしい働き方を見つけましょう

“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。