自分にはキャリアがない

これから、どんな風にキャリアを積んでいいか分からない

 

そんなお悩みをよく聞きます

以前、単発のセッションを受けてくださった方も、同じお悩みを持っている方でした

 

はい、ここで質問です

 

あなた・・・ にとって「キャリアがある」ってどんなイメージですか?

 

少し考えてみてくださいね

 

頭で考えていること、本当にやりたいと思ってる?

 

セッションを受けてくださった方にも、同じ質問をしてみました

「あなたが考える”キャリアがある”ってどんなイメージですか?」

そうしたら、こんな答えが帰ってきたんです

 

ちぐささんみたいに資格を持っていたり、管理職だったりすること

 

この答え、キャリアの勘違いあるあるです(笑)

「キャリア」って言うと、バリバリ働いて管理職をしていたり、何か資格を持っていたりすること、というイメージを持つ人がとても多い

 

でも、キャリアってそういうことじゃないです

今までもこれからも、何度も何度も耳にタコが出来るぐらい言うけれど

 

キャリアとは人生そのもの

 

だから、「理想のキャリア」は人それぞれ違って当たり前なんです

もちろん、資格を取ることや管理職を目指すことがダメと言っているわけじゃないですよ!

それが自分にとって、「自分らしい働き方」や「自分のキャリア」だと思うなら、どんどんそれを目指したらいい

でも、誰かが作った幻想を見て、「あれが正しいキャリアなんだ」と思い込むのは今すぐにやめてください

 

ちぐささんみたいに資格を持っていたり、管理職だったりすること

 

クライアントさんが本当に望んでいるのは、そこじゃないだろうなぁとは感じたけれど、本人がそうだと言っているので、こうやって返しました

 

だったら、資格を取って管理職になったらいいのでは?

 

自分が考えるキャリアが「資格を取ったり、管理職になること」で、自分にキャリアがなくて悩んでいるなら、それをやったらいいんじゃない?というのは、ごく当たり前のことですね

 

すると、こんな返事が返ってきました

 

それは自分の目指したいものと違うかも・・・

 

あれ?何かおかしいですね

キャリアがなくて悩んでいて、キャリアを積みたいと思っている

そして、キャリアとは、資格を取ったり管理職になることだと考えている

だったら、資格を取ったり、管理職を目指したりしたらいいんじゃない?と言うことに対して、「それは自分が目指したいものと違う」と言う

 

うん、それじゃいつまで経っても、キャリアがないと悩むし、キャリアを積めないと思い続けますね

 

本当にやりたいことは何か、外に吐き出してごらん

 

それは自分の目指したいものと違うかも・・・

と口に出したクライアントさん、その時点で表情が変わりました

 

あれ?私、矛盾したことを言っている?

そんな表情をし始めたので、もちろん、私も盛大に突っ込みました

 

頭で理想だと思っていることと、自分が目指したいものがズレているんだから、そりゃ、いつまでも「キャリアがない」「キャリアが積めない」ままですよね

 

クライアントさんもそこに気付き、2人で大笑い

起業迷子もキャリア迷子もそうなんだけれど、頭でごちゃごちゃ考えていることって、たいてい本音と違います

 

だから私は、相談に来た方が最初に言う「●●をしたいんです」「●●を辞めたいんです」は疑ってかかります

セッションしていると、変わることがほとんどですからね

 

自分が頭で考えていたことと、自分が望んでいることがズレているということに気づいたので、そこからは、本当に自分が作りたいキャリアは何か?を掘り下げていくことに

 

自分が理想とする姿は何?

自分はどう働いていきたいの?

 

何度も問いかけていくことで、少しずつ、自分の考える「自分らしい働き方」「自分のキャリア」が見えてくるのです

 

こちらのクライアントさんも、どんどん自分らしい言葉が出てきました

そして、言葉にして初めて「あっ、自分はこんなことを考えていたんだ」って気付くのです

頭で考えるクセのある人は、それを言葉にして外に吐き出すクセをつけてください

 

本当は、「何で?」「どうして?」と突っ込んでくれる相手に話すのが一番良いのですが、そういう人が身近にいないという時は、セルフセッションをしてみるのもオススメです

 

ノートに自分が思っていることを書き出して、それに対して、自分が「どうして?」「何で?」「本当に?」と突っ込んでいくのです

そして、またその答えをノートに書き出していく

すると、こちらのクライアントさんのように、「自分は、本当はこんなことを考えていたんだ」と気付くことが出来るはず

 

外に吐き出したら、行動までセットで考えること

 

自分が考える「自分らしい働き方」「自分のキャリア」が見えてきたら、そこで終わりにせずに、行動までセットで考える事

 

今まで頭で考えてきたことと、本音がズレていたということは、行動も出来ていなかったってことですよね

巷では「引き寄せの法則」が人気のようですが、引き寄せの法則も、「ワクワクしていたら、目の前にその現象が現れる」という魔法ではありません

 

自分が手に入れたいと思ったものに意識を向けるから、必要な情報が集まってきた(ように見える)り、実際に行動することで、手に入る可能性が高くなるだけです

 

自分らしい働き方や理想のキャリアも一緒です

巣の中で口をあけて待っていても、エサを運んできてくれる親鳥はいません

自分で行動するしかないんですよ

 

行動したら何かが変わります

それは自分の思った通りの変化じゃないかもしれません

でも、「そっちじゃない」と気付いたら、違う行動をしたら良いだけですよね

最初は自信なさげだったクライアントさんですが、終わる頃には良い表情になりましたよ。

 

自分にはキャリアがない

どうやってキャリアを積んでいいか分からない

 

そう思っているなら、やることは3つ

  1. 自分が考える「キャリア」とは何かを明確にすること
  2. どんな行動を取るか決めること
  3. 実際に行動すること

 

2018年は、自分らしく働きたい、自分のキャリアを作りたいと思っているなら、今すぐ、上の3つをやってみてくださいね

 


“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。