2018年に大ジャンプをするために、ただいま過去の自分の行動を振り返り中。

 

これは、クライアントさんにも伝えているのですが、振り返りってすごく大事。よくPDCA(Plan→Do→Check→Action)と言われるけれど、多くの場合、Plan→Do→Plan→Doになってしまっているのね

 

いや、もしかしたら、Do→Do→Do→Doの人もいるかも(笑)

 

 

私自身、なんとなーくやっていたけれど、逆を言えばなんとなーくしかやってこなかったわけで、それを今回は意識してシッカリとやっております

 

でね、やってみるとビックリするのが

 

どうして、私はその行動を取ったのだろう?

 

と思うことが、あちこちに散らばっていること(笑)

その時は、きっとそれが一番良いと思ってやっていたはずなのだけど、振り返ってみると、頭の中には「??????」がいっぱい

 

そして、「どうして私はその行動を取ったのだろう?」と思うような行動を取る時には、共通パターンがありました!

 

このパターンは、きっと誰もが知らずに陥っているはず

 

手っ取り早く結果を得たいに潜む落とし穴

 

手っ取り早く結果を得よう

 

こう考えた時に、謎の行動を取っていたのね

それまでコツコツと積み上げて、少しずつ結果も出てきていたのに、「もっともっと」を望んだんですね

 

「もっともっと」を望むことそのものは、悪くないよね

だって成長したい、前に進みたいということだから。

ただ、頑張るのが面倒くさいから、努力するのもイヤだから、もっと手っ取り早く、望む結果を得る方法はないものかと考えたところが浅はかだった!

 

あっちのあの人がやっている方法、簡単に結果が出るって言っている

よし、私も真似してやってみよう!

・・

・・・

うーん、何だかうまくいかないな

これは、きっと私には合わなかったに違いない。次は別の方法をやってみよう

こっちの人は、この方法が良いって言ってた!

・・

・・・

あれ?やっぱりうまくいかない。どうしてだろう

これを繰り返すうちに、どんどん迷子になっていき、最後は何をどうしていいか分からなくなってしまった!

 

笑えるような笑えない話です(笑)

こうなったら、もう潔く振り出しに戻るしかありません

それが一番の近道で、この先、どれだけ他の方法を試そうとも、迷子度数が上がるだけでよくなることはありません

 

過程を楽するって、ゲームで言うところのルール違反じゃない?

 

楽をすることそのものがいけないの?と思われるかもしれないけれど、そうではないんですね

 

常に「もっと楽に」「もっと簡単に」「もっと早く」を実現することで、あらゆるものが進歩してきたのは事実です

移動手段だって、どんどん早く快適になっていますよね

単に目的地に移動するだけなら、リニアモーターカーなんていらないです

でも、少しでも早く目的地に到着するために、リニアモーターカーのような高速の乗り物が開発されているし、少しでも快適に移動するために、新幹線のグランクラスや飛行機のファーストクラスはあるんですよね

 

では、どうして私を始め多くの人がやる「楽したい」がうまくいかないのか

 

それは、もうこの一言に尽きると思います

 

手っ取り早く、楽して、「結果を得よう」としたから

 

リニアモーターカーでも、新幹線のグランクラスでも、それが出来上がるまでには、膨大な時間と労力とお金がかかっていますよね

リニアモーターカーなんて、私が子どもの頃から言ってたぞ

 

それが出来上がった結果、「もっと楽に」「もっと簡単に」「もっと早く」が実現できたのであって、その過程で楽をしたわけじゃないんです

 

ビジネスはシンプルだ

ビジネスは難しくない

 

とも言われるけれど、それも色々な過程を経て、「ビジネスはシンプル」「ビジネスは難しくない」という結果を得たってことなんですよね

 

その過程すら「楽したい」のであれば、結果がついてこなくて当たり前

ゲームで言うとルール違反なんじゃないかと思うわけです

 

手っ取り早く結果を求める人は、“自分以外の誰か”を楽させている

 

本屋さんに行けば、山ほどのHow To本が売っていて、そのほとんどが「簡単に」「楽して」「誰でも」を売りにしていますよね

起業する人を対象にしたものだけじゃなく、会社員向けの本でも同じです

 

どうして、どの本も「簡単に」「楽して」「誰でも」って書いてあると思いますか?

 

そうです、売れるからですね

では、どうして売れるんでしょう?

はい、そうです、ニーズがあるからです

では、どうしてニーズがあるんでしょう?

 

「簡単に」「楽して」「誰でも」出来ないからですよ!

 

「簡単に」「楽して」「誰でも」出来るなら、毎月、似たようなタイトルの似たような本を販売することはありません

だって売れないもん

 

でも、売れるから売る

ということは、何冊買っても出来るようにはならないってこと

 

手っ取り早くを望めば望むほど、結果はどんどん遠のいていきます

楽をしたいと思うなら、そこに至るまでの過程では、自分の頭と体をとことん使うこと

 

それが出来ないうちは、いつまでたっても『自分ではない誰か』の考えた「簡単に」「楽して」「誰でも」にお金を払い続け、『自分ではない誰か』が楽をすることに貢献し続けるんだよね

 

もしも、「手っ取り早く結果を得よう」と考えて、迷子街道まっしぐらの人がいたら、まずは自分の行動を振り返ってみてください

 

きっと、「あぁ、ここでやらかしたのか!」という失敗パターンが見つかるはず

2018年は飛躍したい!と思うなら、『叶えたいことリスト』を作るのもいいけど、まずは振り返りからやるのが、オススメです

 


 

“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。