Engin_Akyurt / Pixabay

 

自分らしい理想のキャリアを作るためには、「自分で考える」「自分で決める」ってとても大事なんだけど、「決める」って言うと、つい「始めること」「やること」に意識が向いてしまいがち。

 

実は、「やらない」「やめる」と決めることも、とっても大事なんですよ。

それを意識するだけでも、自分が本当にやりたいと思うことが明確になります。

 

自分のエネルギーをどう配分する?

 

仕事して、家事もして、子どもがいたら育児もして、プライベートに働く女性はとっても忙しい。

 

でも、まだまだやりたいことも、やらなくちゃいけないものもある。

アレもこれもと詰め込んで、パンクしてないですか?

パンクしているのに、さらに無理やり時間を切り詰めて、どんどん追い込んじゃっている人もいますね。

 

これでは、遊ぶように仕事をする、自分らしく働く以前に息切れして、身体が持ちません!

 

自分が何にどれぐらいエネルギーをかけたいのかを考えてみましょう。

 

自分がやりたいこと、やらなくちゃいけないこと、何がありますか?

例えば私だったら

  • キャリアコンサルとしての仕事
  • 未来の活動計画策定
  • 非常勤嘱託の仕事
  • プライベート
  • 新しい仕事のためのインプット

この5つが、今の自分がやりたいこと、やらなくちゃいけないことだとします。

人によってこの項目は違うので、自分で決めてくださいね。

 

次に、自分のエネルギーが10とした場合、それぞれにどれぐらいのエネルギーをかけたいのかを考えます。

 

この時のポイントは「かけるべき」ではなく、「かけたい」です。

さらに、最初は合計値がいくつになるかを意識せず、かけたいと思う数値を当てはめてください。

 

  • キャリアコンサルとしての仕事:5
  • 未来の活動計画策定:3
  • 非常勤嘱託の仕事:2
  • プライベート:1
  • 新しい仕事のためのインプット:2

 

例えばこんな感じ。

入れたら全部足してみて。きっと10を超えている人が多いと思うから(笑)私も13です。

 

エネルギーは10しかないのに、13ってことはプラス3なわけです。

ということは、エネルギーを3減らさなければいけない。次に考えるのは、どこを減らそうかということ。

 

この時、注意して欲しいのは、ただ多いものの数値を減らせばいいわけじゃないってこと。

 

今の自分にとって、本当にやりたいことで、エネルギーをかけたいものは何?

譲れないものはどれ?

逆に今じゃなくても良いかなと思うのはどれ?

 

それを自分に問いかけながら決めることが、とっても大事です。

 

エネルギーの配分が10になったら、もう1回それを眺めて、しっくり来るか、違和感がないかを確認してください。

違和感がなければOK

できれば、1ヶ月ごと1年間の配分を考えてみるといいですね。

 

これを考えておくと、無駄に「あれもこれも」と欲張らなくなりますよ

 

行動計画に落とした時に「〜しなければならない」と思ったら要注意

 

実は、クライアントさんと一緒に行動計画を作った時に起こったこと。

 

最初に1年間について、エネルギーをどう配分するかを考えました。その時には、シックリくると言うことだったので、具体的な行動計画を作り始めたのですが・・・

クライアントさんの場合、2019年3月〜副業をスタートさせたいということだったので、そこに向けた具体的な行動計画を作り始めていったところ、

 

途中で計画を作る手が止まった(笑)

どうしたの?と聞いたら、「やりたい」と思っていたけれど、こうやって計画を立て始めたら、「やらなければいけない」という気持ちになってきたと言うのです。

 

自分が副業準備にかけられるエネルギーはこれぐらいなのに、あれやって、これやってと考えたら「無理!」って思ったし、やらされ感が出てきてしまいました。

 

素直です(*^^*)

そして、この気付きはとっても大事。

 

だったらどうする?どうしたい?と聞いたら

 

2018年は◯◯に集中します!

2019年3月〜というのは難しいけれど、副業は絶対にやりたいので、さっき決めた配分の中で出来ることはやっていきます。

例えば、AとかBだったら出来ますよね。

 

と伝えてくれました。

 

行動計画って具体的な行動だから、実際に作ってみると自分で考えていた配分とずれることがあるんですね。

その時に「やらない」と決めることもとても大事。

 

たいていは、ちょっと無理すれば出来るかも・・と無理やりやろうとするんですけど、途中で息切れします。息切れしても、リスタートできればいいんだけど、多くの場合は、ズルズルとフェードアウトしてしまう。

 

だから、クライアントさんのように、「今はこれをやるのは無理。そのかわり、こっちに集中する」と決められるのって、理想のキャリアを作る時には重要なことなんですよ。

 

本人も「今はやらないと、ハッキリ決められて良かった」と話していました。

 

人は足し算は得意だけれど、引き算は苦手

 

シンプルな洋服をオシャレに着こなすのって難しいですよね。

シンプルなメイクで、キレイに見せることも難しいですよね。

 

それと同じように「やらないこと」を決めるのって難しいんです。

「もったいない」「損した」って思ってしまうのです。

 

スケジュールをパンパンに詰める人って、そうですよね?

何でそんなに詰め込むの?と聞くと、たいてい「だって、時間がもったいないじゃない!」って言う(笑)

 

でも、そんなにパンパンに詰め込んで、1つずつの満足度って高いのかな?って思うのです。

余韻を楽しむ暇も、振り返って反省する暇もなく、ただ次から次へと何かをするって、その方がよっぽどもったいないし、損していると私は感じます。

 

理想のキャリアプランを作る、具体的な行動計画を作ると言うと、ひたすら「やること」を積み上げていくイメージがあるかもしれませんが、違います。

 

やることと同じようにやらないことも決める

 

もし、やることばかりが積み上がってしまったら、「やらないこと」「削ること」に意識を向けてみてください。

「やらないこと」「削ること」を決めると、最後には「やること」「やりたいこと」だけが残ります。

そこにかけられるだけのエネルギーをかけたら、必然的に自分らしく働けるし、遊ぶように仕事が出来ますね。

 

これからは遊ぶように仕事をしたいと思うなら、ぜひ、理想のキャリアプランを作ってみましょう。

今から作り始めたら、まだ今年中に間に合いますよ。

継続セッションプラン(3ヶ月コース・6か月コース・1年コース)


会社を最高の学びの場にするためのヒントを週に1回お届け

スキルや経験を武器にして、稼ぎ続ける力をつける