たったこれだけの行動で、評価はグッと上がっていく

「ちぐささんにアドバイスされたことを実践し続けたら、上司から仕事ぶりを高く評価されるようになりました」

 

昨年の春〜夏にかけて継続サポートしていたクライアントから、嬉しいメッセージが届きました。

 

メッセージをくれたクライアントは、同じチームで働いている先輩や上司からの評価が、なかなか上がらないことに悩んでいたんですよね。

 

「自分自身は一生懸命やっているのに、それを認めてもらえない」

 

という気持ちを持っていました。

継続サポート中も、何度も

 

「理解してもらえないんです」

「私が言っても、うまく伝わらないんです」

 

と言っていたんですよね。

そんなクライアントが、『上司から仕事ぶりを高く評価されるようになりました』と報告してくれて、それが私がサポート中に伝えたアドバイスを継続してくれたからだと思うと、仕事中だというのに「やった!」と声を出してしまったほど、嬉しかったのです。

ちょっとプラスαするだけで、評価は上がる

自分でアピールすることが苦手で、今まで自分なりに頑張っても、なかなか評価してもらえなかったのに、急に高く評価されるようになったのは、なぜ?って思いますよね。

 

何か特別なことをしたのかな?

急にアピールが上手になったのかな?

 

そんな風に思うかもしれません。

でも、全然違います。

 

私が彼女にしたアドバイスは、「上司に何かを提案するときには、メリットとデメリットの両方を伝えるといいよ」

 

これだけです。

たったこれだけで、今まで自分なりに頑張っても、なかなか評価されなかったのが、上司から仕事ぶりを高く評価されるようになったんです。

 

もちろん、彼女の提案内容が良かった、熱心に仕事に取り組んでいたという前提はあります。

最低限のことが出来ていなければ、話にはなりません。

 

だけど、それは私のアドバイスを実行する前からやっていたこと。

急に提案内容が良くなったわけでも、仕事熱心になったわけでもないんですよね。

 

そこにちょっとプラスαしただけです。

アピールするとは、やったことを素直に伝えること

また、別のクライアントは、上司から「チームがいい雰囲気になったね」と声をかけられたとき、「うまく回るような雰囲気作りと組織づくりをしています」と言ったそうです。

 

チームが良い雰囲気になった

 

という上司の言葉もクライアントを評価する言葉だけれど、「うまく回るような雰囲気作りと組織づくりをしています」と言ったことで、上司は「そうか、彼女の取り組みが、チームの雰囲気作りに貢献してるんだな」と分かりますよね。

 

「上司なんだから部下がアピールしなくても、部下を見ていて当たり前」

 

そう思う気持ちも分かります。

アピールするなんて、ガツガツしているみたいで嫌!という人もいるかもしれません。

 

でもね、正直なところ、言われなくちゃ細かなところは分からないんです。

クライアントの上司も「チームが良い雰囲気になった」ということまでは分かった。でも、なぜ、良い雰囲気になったのかは分からなかったんです。

 

もしクライアントが、今までのように「メンバーが頑張ってくれているんです」と言ったとしたら、きっと、クライアントがチームづくりのために奮闘していることは気づかなかったはず。

もちろん、評価されるためだけにやっていることではないけれど、やっぱり評価してもらった方が嬉しいですよね。

 

それに、「私はこういう取り組みをしています」と伝えれば、

「今度はどんなことをしたの?」と、上司も意識して見てくれるようになるんですよね。

大事なのは「上司に必要なことを伝える」ただ、これだけ

メリットとデメリットを伝えるようにしたクライアントも、「良い雰囲気になるように組織づくりをしています」と言ったクライアントも、やったことそのものは、すごく難しいことじゃないです。

 

上司に必要なことを伝えただけ

 

これだけで、上司からの評価は上がっていきます。

評価を上げたい!と考えると、「スキルをあげなくちゃ」とか「成果を出さなくちゃ」とか難しく考えすぎる人も多いよね。

もちろん、それらも大事よ。

 

大事だけれど、最も大事なのは

 

上司に知ってほしいことを話す

上司が興味を持つような内容を伝える

 

ほんとにこれだけなんですよね。

そして、上司のタイプによって好みのコミュニケーションや、伝えて欲しい内容が違うから、それを踏まえて伝えられたら鬼に金棒。

 

上司からの評価をあげたいと思ったら、まずは「伝える」ことから初めましょう。

私の上司は、どんなコミュニケーションを好むんだろう?と思ったら、2/23開催の1Dayセミナーにいらしくてください。

 

いくつかのワークを通じて、タイプごとの特徴や好むコミュニケーションを知ることができますよ。

人間関係のストレスを減らしたら、もっと楽しく働ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です