上司に評価されるようになった、たったひとつの工夫

私、任された仕事は結果を出しているし、クライアントからも「お願いして良かった」と評価されている。

 

上司からも「さすがだね」と声をかけられるけれど、「この仕事やってみない?」と隣の部署の部長から面白そうな仕事に声をかけられるのも、どうしたらいい?と上司から相談されるのも、私じゃなくて隣の席の同僚ばかり。

 

私、こんなに頑張っているのに、どうして同僚ばかりが評価されているのかわからない。なんで?私の何が悪いの?すっごく悔しいんだけど…

 

会社員だった頃、私はこんな風に思ってました。

これ以上、私に何をしろって言うの??と感じてたので、表面上はいつも通りにしながらも、心の中ではイライラ、モヤモヤ。

 

とうとう上司はもちろん、隣の席の同僚の顔を見るのもイヤになりました。

私と同じようなイライラを感じたことがある方、いらっしゃるんじゃないかな。

上司に評価されるようになった、たったひとつの工夫

私のクライアントも「頑張っているのに、上司に評価されない」と悩んでいました。

でもある時を境に、上司から仕事ぶりを評価されるように。

何が変わったのだと思いますか?

 

私のクライアントがしたことは、たったひとつ

 

「自分がやったことを、そのまま素直に伝えた」です。

 

えっ?そんなこと?と思うかもしれません。

でも「自分がやったことを、そのまま素直に伝える」ことができる人は多くありません。

頑張ってるのに評価されない…は、上司とあなたの間にギャップがあるから

冒頭のイライラモヤモヤしていた私も、「自分がやったことを、そのまま素直に伝える」はしていなかったんです。

自分でアピールするのは格好悪い気がして(笑)

 

上司が「さすがだね」と言うから、私がやったことをきちんと理解してくれているんだと思ってました。

が、上司はそこまで細かく見てません。

 

あなたもリーダーとして、メンバーに「さすがだね」「よくやったね」と声をかけることがあると思います。

その時、メンバーがどんなことをしたのか、どんな点に気を配っていたのか、細かなところまでわかっていますか?

 

同じプロジェクトに携わっていたらわかるかもしれませんが、違う仕事をしていたら、細かなところまでわからないんじゃないかな?

 

上司は「よくやった」のは知っているけれど、具体的に何をしたのかわからない。

あなたは「私の頑張りは、上司だってわかっているに違いない」と思っている。

 

このギャップが「私はこんなに頑張ったのに、上司は評価してくれない」につながるのです。

上司だったら、ちゃんと見ているはず!?

私がイライラモヤモヤしていたのも、まさにこの理由。

私の同僚は、

    • 自分がどんな仕事をしたのか
    • どんな工夫をしたのか
    • 誰にどんな風に感謝されたのか

きちんと周りにアピールしてたんですね。

 

それに対して私は、「自分をアピールするなんて格好悪い」と言う謎の思い込みを発動し、何も伝えてこなかったんです。

見てたらわかるでしょ?と。

 

今から振り返ると、とても傲慢だったと思いますし、きちんとアピールした同僚が評価され、頼りにされるのは当たり前だと思っています。

 

上司に評価して欲しいなら、自分がやったことと、その結果をきちんと伝えること。

「私、頑張ったんです」では伝わりません。

メンバーに声をかける時は、ぜひ具体的な中身を聞こう

そしてあなたがリーダーとして、メンバーに「すごいね」「よくやったね」と声をかける時。

    • どんな取り組みをしたのか
    • どんな工夫をしたのか
    • 何が成功の要因だったのか

 

ぜひ、メンバーに具体的な内容を聞いてください。

メンバーの強みもより理解できるし、メンバーからの「こんなに頑張っているのに、上司が評価してくれない」も避けることができますよ。

 

PS.

毎週1回、女性リーダーが自分の強みを活かし、自分だけのリーダーシップを育てるためのヒントを配信中。「人間関係がよくなりました」「昇給しました」の声、多数。

ご登録特典として、女性リーダーの「あるある〜」をスッキリ解消するメール講座をプレゼントしています。ぜひプレゼントを受け取ってください