完全リモートが先進的で、どの企業にとっても正解なの?

5月も半ばをすぎて、緊急事態宣言が解除される地域も増えてきましたね。

まだまだ油断大敵だとは思いますが、確実に「日常」に戻っていこうとしていますね。

 

ただ「日常」と言っても、コロナ前と全く同じではないはず。

特にこの3ヶ月で一気にリモート化が進んだ仕事の仕方は、緊急事態宣言が解消されたからと言って、「はい、今まで通り全員オフィスで働きましょう!」とはならないと思うのです。

 

リモートワークができない企業はあるし、問題ゼロではなかったと思いますが、多くの企業は「あれ?意外とやれるじゃないか」という手応えを掴めたんじゃないかな。

 

できない理由を探せば出来ないままだけれど、やらなければならないとなれば、何とかするものなんですよね。

 

というと、

 

完全リモートでいいじゃないか

もうオフィスなんていらない

 

なんていう極端な話も出てくるわけで。

 

でも本当に完全リモートが正解なのでしょうか

オフィスを解約することが先進的なのでしょうか

 

私はちょっと懐疑的。

 

  • リモートでも仕事はできるけれど、周囲に仲間がいることで安心する
  • オンラインでも会話はできるけれど、やっぱりリアルで話をしたい
  • 気軽な雑談からアイディアが生まれる
  • リモートだと気軽に声かけできない(チャットは苦手)

 

なんて声も聞いています。

それに子供が家にいると、仕事に集中できないという人もいますよね。

 

もちろん緊急事態宣言が解消されれば、少しずつ学校や保育園も再開されるでしょうから、ずっと子供と一緒ということはないのかもしれません。

カフェなどで仕事ができるようになれば、家に缶詰にならずに仕事ができるのかもしれません。

 

それでも「オフィスいらない」「完全リモートだけでOK」が一人歩きするのは、違うんじゃないかなと思っています。

 

コロナ前は、毎日オフィスに通うことが当たり前だった

だから毎日、オフィスに通えない人は企業で働くことが難しかった。

 

アフターコロナは、リモートで働くことが当たり前になった

だからリモート働けない人は、企業で働くことが難しくなる

 

これって、対象となる人が違うだけで、結局はコロナ前と何も変わらないのでは?と思うのです。

仕事の内容や働く人の状況に合わせて、フレキシブルにリモート環境とオフィス勤務を選べるようになるのが理想。

 

そして何より大事なのは、決まった正解はないという事。

それぞれの会社にとって合うやり方って違うはずだから。

 

そしてぜひ、働く人たちのリアルな声を聞いて欲しい。

マネジメント層が正しいと思っていることが、必ずしも従業員のリアルとは一致しないから。

 

きっと完全リモートの企業やオフィスを解約する企業って、まだまだ出てくると思う。

ただね、それらの企業が先進的で、オフィスでの勤務を推奨する会社を「オワコン」だの「遅れている」だのいう風潮にはならないで欲しいな。

 

本当に全ての企業に当てはまる唯一無二の「正しさ」なんて、どこにもないのだから。

 

今日は取り止めない事をツラツラと書きました。

たまにはいいかな?

 

実際に企業で働く人は、どういう仕事の仕方が理想なんだろう?を知りたくて、Twitterでアンケートを実施しています。

ぜひご協力いただけると嬉しいです。