1on1を取り入れれば問題はすべて解決するというファンタジー

2〜3年前から「1on1」という言葉をよく聞くようになり、本屋さんにも1on1関連の本がズラリと並んでいますよね。

まさにブームです。

 

その一方で

「1on1をやっても、メンバーの愚痴大会になるだけ」

「”1on1をやっている”という流行りに乗っかっているだけで時間の無駄」

という声を聞くこともあります。

 

私はメンバーとの信頼関係やチームの力を高めるために、1on1は有効な手法だと思っています。

だけど、うまくいかない、意味がないという声が出るのもわかるのです。

 

なぜなら「1on1をやればすべてがうまくいく」「1on1でメンバーから答えを引き出せば、必ずメンバーは成長するしチームも強くなる」というファンタジーを信じている人が多いから。

 

1on1はすべてを解決してくれる、すべての答えはメンバーの中にあり、それさえ引き出せば成長する…なんていうのは、単なる御伽噺、ファンタジーです。

メンバーの中に答えはあるかもしれないし、ないかもしれない

1on1とは、メンバーのための時間と言われますよね。

会社で「話の聴き方」や「質問の仕方」などの研修を受けた…という人もいるかもしれませんね。

 

でもすべての答えがメンバーの中にあって、それさえ引き出せばOKなんてことにはなりません。

なぜなら、知らないことは答えようがないからです。

 

例えばハンバーグを作った事がない人に、どれだけ質問しても、ハンバーグの作り方は出てきません。

ハンバーグの作り方が出てこないのは、ハンバーグの作り方を知らないからで、質問の仕方が悪いからではないですよね。

だとしたら、最初にやることはハンバーグの作り方を教えること。

 

当たり前だと思いますか?

でも1on1の場では、すっかり忘れ去られるのです。

 

「メンバーの中に答えはあるかもしれないし、ないかもしれない」

そう思うことが大切なんじゃないかな。

信頼関係が構築できれば、すべての問題は解決するという誤解

例えば人事制度が不平等で、あちこちから不満が出ているとします。

これはいくら1on1をしても解消されません。解消するには人事制度の見直しが必要です。

 

例えば営業戦略がうまくはまらず、売り上げが上がらないとします。

これだって1on1で解消することはありません。解消するには営業戦略の見直しが必要です。

 

対話をするから、1on1をするから問題が解決するわけじゃありません。

適切な対応をとるから問題が解決するのです。対話も1on1もそのためのひとつの方法でしかないのです。

 

会社全体でもチームという単位でも、問題にあった解決方法を取らないと、いつまでも解決しないのよ。

他社ではうまくいったからうまくいく…わけもない

これだけ複雑で、新型コロナのように想像もつかないことが起こる世の中で、「これだけやればうまくいく」なんて方法があるはずありません。

 

他社ではうまくいったから…も意味ないよね。

表面的な課題は一緒でも、会社ごとに文化も背景も違います。

 

昨日、「女性リーダーの「同じ経験をしたから、気持ちがよくわかる」に潜む落とし穴」という記事を書いたけれど、個人だけでなくチームや企業でも同じことだと思う。

女性リーダーの「同じ経験をしたから、気持ちがよくわかる」に潜む落とし穴

いい加減、1on1絶対!みたいな風潮辞めませんか?

上手に活用すれば有用な仕組みも、活用方法を間違えたら負担を強いるだけになりますよ。

 

PS.

自分たちの課題がわからなければ、適切な施策はわかりません。まずは課題の整理をしてみませんか?60分の無料相談受付中です。お申し込み、お問い合わせはボタンをクリックしてください

 

PPS.

公式LINEアカウントのお友達追加で『女性リーダーが思っていることをスムーズに伝え、チームをまとめる3つの秘密』の音声講座をプレゼント中。ぜひQRコードを読み込んでお友達追加してください。